閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「歌う弥次喜多 黄金道中」(1957)

0点--
旅先で悪役人のため黒船に連れさられた母親を探し求める娘に出会い同情した弥次さんと喜多さんは、娘を連れて母親探しの旅に出ることになった……。演劇・歌謡・スポーツ・漫才界の人気者たちを一堂に会したミュージカル時代喜劇。連続ラジオ放送劇の映画化。

あらすじ

お江戸日本橋を振出しに旅に出た弥次さん喜多さんは、開化の港浦賀へ。二人は国際使節として、悪役人のため黒船に連れ去られた母親お春を求める、おきんに同情。一方、酒場クロブネではストリッパーのキッス襲撃に大騒ぎ。箱根を越えて大磯から小田原へ。二人は宿で女按摩に惚れたりした上、おきんを連れて下田へ向う。唐人お吉で名高い下田港へ来て見れば既にお春は長崎へ連れ去られた後。弱った二人は、おきんの胸に「情ある方は長崎までお連れ下さい」と記して海路を清水港へ向う。船中、浪曲師虎造と知り合い話に花が咲いたが再びおきんを見つけて大くさり。清水港は折しも島倉村のお千代の音頭で祭礼に大賑わい。奉納相撲大会では横綱富士の山と森の石松の対戦。投げ出された石松が怒っての大喧嘩も清水の次郎長の仲裁で無事にケリ。二人はやがて浜松へ。峠では幽霊の総攻撃にあいノイローゼとなって宿の床に伏したが、おきんの働きで将軍家御殿医明斎の治療を受け全快。明斎の紹介状を持って一路堺の紀之国屋文右衛門の許へ。紀之国屋に会った三人は、長崎への船出を承諾させる。長崎では出帆間際のお春と再会できたのも束の間、お春は異国へと連行された。弥次さん喜多さんは、おきんを慰め手許に引取ることにした。翌日、日本晴れの空の下、三人を乗せた千石船は堺へと船出した。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1957年
製作国 日本
配給 松竹京都
上映時間 77
チケット 前売りチケットを購入する