閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「肉体女優殺し五人の犯罪者」(1957)

0点--

あらすじ

ストリップ劇場フランス座の人気スター浜野千鳥は、芝居に使う小道具のピストルがいつか本物とすりかえられていたため、台の上で殺害された。うったのは舞相手役のベテイ桃園で、彼女は千鳥の夫のドラム叩き徳島と関係があったことから、捜査本部はこの徳島を逮捕した。だが毎朝新聞記者、西村は他に犯人ありとにらみ、徳島の妹水町かほるに近づいて、事件の糸口をつかもうとする。かほるは隅田川畔のアパートに住んでいて、下の川を通る船から、長い紐でザルをつるし、毎日のおかずを買っていた。それを知った西村は、千鳥が麻薬常習者だったことから、おかずを売る舟がくさいと考える。だが、当のおかず屋は姿を消し、舞台の事故から有力な事件のカギを握ると見えたベテイ桃園は惨死、また彼女にまつわりついていた秘密の男−−森元も隅田川に水死体として上る始末。一切が謎につつまれたと見えたが、森元宅にあった「関根精肉店」のカレンダーから、西村は関根の家に目ぼしをつけた。折しも関根はフランス座の役者で麻薬患者ハチノキをそそのかしてかほるを誘拐し、彼女を手ごめにしようとしていた。実は関根は、肉屋の裏で麻薬密輪をやっており、千鳥の口からそれがもれるのを恐れて森元にピストルをすり替えさせ、次に裏切りそうなベテイ桃園と用のすんだ森元を惨殺した犯人であった。西村の急報に警察がかけつけ、関根は放水時間の迫る死のマンホールに逃れて、自らの生命を断った。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1957年
製作国 日本
上映時間 74
チケット 前売りチケットを購入する