閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「命美わし」(1951)

0点--
新聞記者・伊村は、自宅の近くの堀で身投げしようとした娘・房江を救う。訳を聞けば、彼女は市議会議長、梅沢の息子に身重のまま捨てられたという。伊村は事件を新聞に発表して世論に訴えるが、梅沢の流言によって逆に苦境に追い込まれる……。小津作品でおなじみの笠智衆が主演した社会派風のメロドラマ。

あらすじ

伊村早吉の家は、自殺者の多い城の内濠の傍にあったので、彼の手で自殺直前を救われた者も多かった。ある晩、早吉は又しても一人の娘を救った。市会議長梅澤の息子に妊娠の身を捨てられた房江だった。同じ夜、また一人の女性が早吉の長男寛一に救われた。一人きりの愛児を失って自暴自棄になったあさ子だった。寛一は新聞記者だったので、房江の事件を知ってこれを新聞紙上にあばいた。次男修二は房江を愛していたので房江をさらし者にしたと怒って彼女を伴って家出してしまった。梅澤はそれを種に房江の相手は修二であるといいふらしたので、寛一は苦境に立ってしまった。やけ酒をあふりに居酒屋へはいって行くとそこに救ってやったあさ子が身を落としているのに出会った。寛一は命を粗末に扱うとあさ子を面罵するが、この時梅澤の一派になぐり倒された。房江の父大島は、梅澤に売収されていたが、この有様を見て憤然告訴することにした。あさ子も寛一の真情に、看護婦となって甦生することになった。山寺の伯父快雲和尚の許に身をよせていた修二と房江も、寛一とあさ子もやがて結ばれることになるだろう。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1951年
製作国 日本
配給 松竹大船
上映時間 80
チケット 前売りチケットを購入する