閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「正義派」(1957)

0点--
志賀直哉原作の『正義派』と『清兵衛とひょうたん』をもとに、渋谷実が監督した意欲作。しがないバスの運転手・藤田は、ある日過って人をはねてしまう。バスに乗り合わせていた藤田の後輩は、藤田の過失だと証言する。渋谷実はドライな演出に徹し、志賀直哉の文体を再現した。ラストの清兵衛が川に投げ捨てるひょうたんが、プカプカと浮きながら流れていくシーンが印象的。

あらすじ

東京の下町に住むお京婆さんは、終戦この方、闇屋をしながら、東南バス修理工の一人息子清太郎の将来を楽しみにしてる。頑固だが仲々の人情家。清太郎の先輩で同じ会社の運転手藤田に、安アパートを世話したりする。藤田は親の許さぬ恋人葉子と内縁の結婚をしていたが、彼女が病気がちのため勤めはおろそかになり、同業の友人青木の心配にも拘らず操車監督香川に睨まれていた。お京と幼年からの喧嘩仲間お春と娘町子の一膳飯屋“よし野”。清太郎と町子は幼馴染の上、互に惹かれているが二人共生来の意地っ張り、加えて同居の証券会社勤めで香川の親戚高岡が町子に色目を使っていた。この頃、藤田の父君平太上京の知らせ。お京は同情していくらか貸してやるが、君平太は息子と葉子の別れ話で来たとあれば持前の侠気で葉子を励ます。あれやこれやで腐った藤田は深酒の翌日、二日酔で運転中、女の子を轢いてしまい早速、警察へ出頭。状況説明の証人は丁度同乗していた清太郎であるが、彼は正義感から、香川の入智恵をよそに藤田の過失と言いきる。しかし帰社してみれば青木や同僚の冷たい視線。一度はバカ正直と息子をなじったお京も、正しいことはどこ迄も、と香川らの前で啖呵まできるが、折悪く先日銭湯で猫ババした南京虫の件で連行。町子も近く転勤する高岡と福島へ行ってしまうと聞き、ヤケになった清太郎は父親ゆずりで祕蔵のヒョータンを片っ端から割る始末。だが駈けつけた町子は、貴方の気持さえハッキリすればどこへも行かない、と言い切り、女の子の軽傷で藤田も微罪、お京も葉子を救う金のため南京虫を失敬したと判ってお説教で勘弁して貰えた。気難し屋の君平太も皆の努力で若い二人の仲を認めることになり、生きるだけに追われるこの街にも、ようやく人情が花咲いたのであった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1957年
製作国 日本
配給 松竹大船
上映時間 90
チケット 前売りチケットを購入する