閉じるボタン

「フランキー・ブーチャンのあゝ軍艦旗」(1957)

0点--
「フランキーの牛乳屋」のコンビ、フランキー堺と市村俊幸に、新人・大泉滉が加わって繰り広げる珍無類な水兵物語。口の早い江戸っ子で要領のよいフランキーと、田舎者でいつも損な役まわりの市村の対照が面白く、春原監督得意の爆笑編となった。

あらすじ

海兵団の新兵入団日。ウルサ型の酒巻一等水兵に怒鳴りつけられる面々は−−江戸っ子育ちで要領の良い門馬三太郎、東北生れで農村出の間々田伍助。口の上手い三太郎にいつも損な役廻りをさせられる伍助も、いつか大の仲良しとなる。ともかくもツンツルテンやグブダブの水兵服に身を固めた新兵達は見送りの家族に面会する。女房お光と別れを惜しむ伍助、お婆ちゃんを慰める三太郎、テンヤワンヤの中に面会時間は過ぎ、慌てて兵舎に戻る二人は迷児となって秋山教班長の助けで寝ぐらに就く。翌朝、起床ラッパと共に釣床納めの競争。夜更しした二人は精神棒で叩かれた上、釣床をかついで営庭の駈足。訓練が始まっても、頓狂な二人は失敗ばかりくり返す。行進、戦闘訓練、水泳訓練、手旗訓練、床磨きと、ともかく訓練も進み、三太郎はケガの功名で小銃で敵機を撃墜し二階級昇進の出世ぶりだが、ノロマな伍助は二等水兵生活に飽きはて、遂に恋女房お光の住み込むカフェー街へ脱走。だが忽ち捕まってしまう。数々の話題を投げた二人も、最後の艦務訓練を受けて一人前の水兵となり、オンボロ監視艇“がっかり丸”へ配属される次第とは相なった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1957年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 74
チケット 前売りチケットを購入する