閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「ダブル・デセプション/共犯者」(2000)

20点20
菊川怜のアクションをフィーチャーしたヒロイン活劇。日系企業の家族の誘拐事件が続発する、L.A.が舞台。日本人の大富豪オザキの娘リサの替え玉が誘拐され、オザキは身代金を払わないと発表。ところが、今度はリサ本人が誘拐された。それは替え玉の女性を助けようとする元警官ルークが仕組んだ罠。彼と行動をともにしたリサは、いつしか共犯者として危険な道に足を踏み入れ……。

あらすじ

日系企業の家族が身代金目的の誘拐の標的にされる事件が続発するロスで、富豪オザキの娘・リサの替え玉であるマリアが誘拐された。彼女が替え玉である以上、オザキは身代金を支払わないことを表明するが、そんな矢先、今度は本物のリサが誘拐されてしまう。犯人は、マリアのボディガードを務めていた元警官のルークだった。彼は、哀れなマリアを助けるべく、誘拐団に本物のリサを引き渡そうとしたのだ。ところが、交渉は決裂。追いつめられたルークは、24時間以内に誘拐団に200万ドルを自分が用意することを約束する。そんなルークに、リサが彼女の父親から身代金200万ドルを得る偽装誘拐の計画を提案した。一時は、リサが誘拐されたことで仕事を解雇されたふたりのボディーガード、ダニーとフランクに邪魔されるも、約束の時間までに200万ドルをゲットすることに成功したリサとルーク。ところが翌朝、リサの身を案じた彼は、ひとりで交渉に向かう。だが、実はマリアも誘拐団の仲間だったのだ。それを知ったリサはルークの元に駆けつけ、彼と共に誘拐団を倒すが、ルークは銃弾を浴び帰らぬ人となってしまう。 【キネマ旬報データベースより】
原題 DOUBLE DECEPTION
製作年 2000年
製作国 日本=米
配給 アルゴ・ピクチャーズ
上映時間 84
公開日 2001年3月31日(土)公開
チケット 前売りチケットを購入する