閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「鞍馬天狗 鞍馬の火祭」(1951)

【DVD発売中】

70点70
京の街に鬼女の面をかぶった偽天狗が出没し、徳川幕府打倒の方針書を奪い去った。やがて、京へ舞い戻った鞍馬天狗は偽天狗と対決する。美空ひばりが杉作を演じ、デビュー間もない岸恵子が初々しい。

あらすじ

京の町は、鬼女の面をかむった偽鞍馬天狗のために荒されていたが、智恩院のほとりに、娘千春、天狗より預った少年杉作、新吉などと共に侘住居する国学者香取任藏の許へ、ある日白河卿がおとずれ、秘かに徳川打倒方針書を授けた。しかし、鬼面の侍がここにも現われ、その方針書を奪い去ったが、その後白河卿をはじめ、香取先生、千春、杉作、新作などが所司代へ曳かれ、方針書の在り場所をただされる。その上白河卿を貴船の山荘へ押し込めようとするのであった。折よく京へ舞いもどった天狗は、これを知って白河卿を八瀬街道で救い出し、三條卿より方針書を焼捨てよと命のあったことを伝え、偽者の天狗の出没することを伝えるが、天狗の変心を疑う卿はきき入れなかった。一方千春、杉作、新吉は屯所より許されて帰るが、許されぬ父の身を案ずる千春の許へ、破門された櫻町が訪ね言い寄るが、そこへ天狗が現れ、櫻町を追い払った。天狗はまず香取先生を助け出すため吉兵衛に情勢をさぐらせると同時に自分は偽天狗の正体をあばこうと活躍を開始し、ようやく櫻町の姉で芸妓をしているおえんから、弟が偽天狗であり、小春をさらって鞍馬の奥の院へ姿を消したことをきき、折から火祭りのなかを、あとを追って正邪二人の天狗の対峙となり、見事正天狗の勝となった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1951年
製作国 日本
配給 松竹京都
チケット 前売りチケットを購入する