閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「女は二度生まれる」(1961)

【DVD発売中】

84点84
川島雄三監督が大映で初めて撮った作品。九段の芸者街の純情な芸妓の自由な恋愛遍歴。学生と上高地へ向かうが一人だけ帰ってきてしまう不思議なラストシーンが魅力的。人間の生きる悲しさを象徴的に描こうとしている。

あらすじ

靖国神社の太鼓の音がきこえる花街。芸者小えんは建築家の筒井の胸にいだかれていた。「お名刺いただけません、だってもしもって時いい訳が利かないんですもの、恋人の名前も知らないんじゃ」。売春禁止法も彼女にとってはなんのこうそくも感じさせなかった。ともかく、毎日がけっこうたのしかった。そんな彼女にも心をときめかすことがあった。それはお風呂屋への行きかえりに顔を合わせる大学生牧純一郎に行きあう時であった。しかし彼女の毎日は、相かわらず男から男へと、ただ寝ることだけの生活だった。そんな時知りあった寿司屋の板前、野崎にふとふれあうものを感じ、おトリさまに一緒に行き商売をはなれて泊ったりした。だが、この野崎も将来のことを考え、子どもまである女のところに入婿に行ってしまった。その一方、彼女は遊び人の矢島と箱根に遠出したりした。そのかえりはじめて牧と口をきいたが、大学をでた彼はよそに行くとのことで彼女は淋しかった。そんなある日、彼女のいた置屋の売春がばれて営業停止になった。彼女はもとの同僚にさそわれるまま、銀座のバーにつとめ、そこで筒井に再会、すすめられ二号となった。そこでも彼女はかわいい女だった。ロードショー劇場であった少年工をかわいがって筒井をいからせたりした。しかし、筒井が病にたおれると本妻の目をぬすんでけんめいに看病したりもした。そして一時小康をたもった筒井が死ぬと写真をかざり、モ服を着てなげいた。彼女はふたたび座敷にでて牧に再会したが、彼が外国人客の接待をたのんだのを知って絶望した。街にさまよいでた彼女はいつかの少年工に会った、少年が山に行きたいのを知って、故郷へ行って見ようと思った。その途中、妻子ともに幸福そうな野崎にばったり出あった。彼女から金をもらって元気に山にでかける少年を見送り、故郷へ行く決心をした彼女の目には新しい人生を生きていこうという生きがいのようなものが見られた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1961年
製作国 日本
配給 邦画マイナー=大映東京
上映時間 99
チケット 前売りチケットを購入する