閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「自来也 忍術三妖伝」(1937)

0点--
忍術映画の代表作「兒雷也」をマキノ雅広監督・片岡千恵蔵主演で映画化した娯楽時代劇。野武士・佐久間正盛一味によって滅ぼされた更科輝隆の一子・太郎丸は、一夢仙人より妖術を授かり、自来也と名乗って復讐を開始するが、悪の妖術使い大蛇丸が立ちはだかる……。この題材は日本映画の父でありマキノ雅広の父でもあるマキノ省三が、サイレント時代初期に“目玉の松ちゃん”こと尾上松之助主演で製作した一連の忍術映画の代表的なもの。戦後も加藤泰監督による「忍術児雷也・逆襲大蛇丸」の2部作をはじめ、何度も再映画化されるが、シンプルな語り口のこの作品が一番印象深い。
製作年 1937年
製作国 日本
上映時間 56
チケット 前売りチケットを購入する