閉じるボタン

「女体〈1969年〉」(1969)

【DVD発売中】

75点75
浅丘ルリ子を高く評価していた名匠・増村保造監督が彼女を想定して、池田一朗とともに書いたオリジナル脚本の映画化。自らの肉体を武器に生きる貧しい娘のエネルギッシュな生き方とその破滅を冷めた目で凝視する。主人公に扮した浅丘のパンチの効いた演技が素晴らしい。

あらすじ

浜ミチは挑発的で魅惑に満ちた女である。大学理事長小林卓造の息子行夫に強姦されたミチは、慰謝料として二百万円を要求したが、行夫の姉晶江に侮辱的な扱いを受け小林家に激しい敵意を抱いた。一方、スキャンダルを恐れた卓造は婿である秘書の石堂信之に処理を一任、信之は妻晶江の意志に反して二百万円を支払った。ミチは思いやりのある信之に愛を感じふたりは激しく求めあった。ある日、ミチが信之との情事を告げて晶江をはずかしめた。それを知った信之は、ミチが他の男とも交渉のあることを目撃、彼女と別れる決心をした。信之のみた青年は五郎という画家だった。信之はミチを捨てられなかった。そのため五郎から手切金を要求され、卓造から預っていた裏口入学金の一部を流用して支払った。だが、五郎はミチと別れないばかりか、金の出所を追求するとうそぶいた。信之はそんな五郎を誤って殺してしまった。やがて保釈され信之は、妻を捨て、職を捨ててミチとの愛の生活に飛込んだ。たが、バー経営が行きづまり、加えてミチの束縛を嫌う奔放な性格からふたりの間に亀裂が生じた。ミチはやがて信之の妹雪子の婚約者秋月に心を寄せるようになった。清潔で男性的な秋月は、ミチの誘惑を拒んだか、ミチは自分の愛を殺すことが出来なかった。深夜のドライブに秋月を誘い出したミチではあったが、無理心中に失敗。そして信之にも去られてひとりぼっちになったミチは「また素敵な男を見つければいいわ……」と咳いた。ミチは酔った。そして、よろける足でガス管をひっかけ、永遠の眠りについた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1969年
製作国 日本
配給 大映東京
チケット 前売りチケットを購入する