閉じるボタン

「明日は明日の風が吹く」(1958)

【DVD発売中】

60点60
石原裕次郎が、今は亡きヤクザの組長の次男に扮し、ふとしたことからヤクザの世界に足を踏み入れていくさまを描くアクション映画。1958年といえば、裕次郎がデビューして3年で、乗りに乗っている時期。北原三枝を相手役に迎え、きっぷのいい青年を好演。

あらすじ

関東松文字組の組長松山大三を殺した巴組の親分平戸寅次郎は十八年の刑を終えて出所した。仁義として松文字家を訪れた彼は、大三の長男良多がもとの巴組の舎弟で現在難波田組を襲名している吉野の乾分になり、次男健次はサラリーマンに、三男三郎は音楽学校に通っていることを知り、世の移りかわりの激しさに驚く。健次は父の血をひく気っぷのいい青年。勤め先の江島専務の娘で秘書をしている啓子と恋仲である。だがある日、ふとしたことから難波田の乾分たちと大乱闘を起し、このことが江島専務に知れて、健次は会社をクビになってしまった。健次の弁明にも拘らず「君にはヤクザの血が流れている」といわれ、啓子との仲も裂かれた。一方、三郎はアルバイト先で難波田の娘千鳥と知り合い、お互にヤクザの家に生れた不幸をかこつうち次第に愛情がめばえる。健次の方はヤクザの世界に入り、事あるごとに難波田の乾分を倒し、やがて松文字健次の名が界隈に知れわたった。それに比して難波田家における良多の立場は悪くなった。難波田は良多に健次の始末を命じ、同時に彼の情婦エミをゆずれと迫る。だがそのエミと健次はひとめで惹かれ合い、彼女のアパートで一夜を過す。これを知った難波田は賭博開張中の良多と健次を策略を使って警察の手にわたそうとする。二人はその場は逃れたが翌日健次は現行犯でつかまる。だが、忠実な乾分吉良源が身代りとなり、取調べをうけたが、その最中急死してしまう。「源小父を殺したのは兄さん達だ」と泣く三郎。健次はヤクザの世界から、身をひこうと決心し、再びめぐり逢った啓子と語り合った。だが、三郎と千鳥が婚約宣言をしたことから難波田に喧嘩を売られ、兄弟三人は指定の場所へ出かけた。話合い無用の修羅場となった所へ寅次郎がかけつけ、千鳥が寅次郎の実の子であることや、昔の悪事をバラすといって、難波田を制止し、さすがの難波田も手を引いた。健次は、三郎を許してくれればヤクザの足を洗うと申しで、良多は松文字のナワバリをゆずろうといった。ついに難波田は引揚げ、寅次郎もどこかへ行ってしまった。久しぶりに兄弟三人に笑顔がうかんだ。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1958年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 115
チケット 前売りチケットを購入する