閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「アンチェイン」(2000)

【DVD発売中】

60点60
「ポルノスター」でデビューした豊田利晃が4人の格闘家の生き様を見つめたドキュメンタリー。引退後、精神を病んだ元ボクサー、アンチェイン梶を中心に、彼と交流のあるガルーダ・テツ、永石磨、西林誠一郎のそれぞれが歩んだ道のりに、てらいのない構成で迫っていく。過酷な生を引き受けた者だけが漂わせることができる、彼らの大らかなキャラクターが魅力的だ。

あらすじ

アンチェイン梶というボクサーがいた。リングネームの“アンチェイン”は、レイ・チャールズの名曲『アンチェイン・マイ・ハート』からとった。彼の戦績は6敗1分け。一度も勝つことなく引退した彼は、第二の人生に勝負を賭け、釜ヶ崎で“とんち商会”という会社を設立。労働者に仕事を紹介する手配師を主に、探偵から迷子のペット探しまで、殺し以外はなんでもやった。だが仕事はうまくいかず、やがて酒とボクシングの後遺症で奇行が目立つようになり、1995年5月5日、事務所にかかってきた脅迫まがいの電話に激昂した彼は、頭から黄色いペンキをかぶり、タクシーを箱乗りして釜ヶ崎の労働者センターに殴り込んで行くのだった。この事件を機に、梶は精神病院に入院した。ところで、彼には弟のように可愛がっていた3人のボクサーがいた。キックボクサーのガルーダ・テツ、朝鮮人2世で西日本フェザー級新人王を獲得、更に梶の恋人だった幸子も獲得した永石磨、シュートボクサーの西林誠一郎だ。それぞれ分野の違う3人だが、梶を中心に友情を超えた強い絆で結ばれていた。99年12月、梶が退院した。その間、永石は引退、西林も活動を休止していたが、テツだけはリングに上がり続けていた。客席からテツの試合を見守る梶は、自らの過去を振り返って思う。魂の解放の場であるリングの上にはしがらみがなかった、正にアンチェインだったと。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2000年
製作国 日本
配給 リトル・モア=フィルムメイカーズ
上映時間 98
公開日 2001年9月1日(土)公開
カテゴリ ドキュメント
チケット 前売りチケットを購入する