閉じるボタン

「母〈1963年〉」(1963)

【DVD発売中】

56点56
新藤兼人監督の永遠のテーマである“女性“と“核“を同時に扱った作品。脳腫瘍に冒された子を持つ娘が再婚、夫が殺され、子供も失ったあと、新しい命を宿していることで希望を見いだすまでを乾いたタッチで描く。主演の乙羽が母のエネルギーを見事に表現。

あらすじ

吉田民子は三十二才。極道者の二度目の夫からのがれて、息子の利夫をつれてとび出した。しかしその息子も、脳腫瘍と診断され、途方にくれた。民子は母の芳枝に手術代を無心したが「治らないとわかっている病気に金を使うのは無駄だ」ととりあわず、はては、「もう一度結婚して男から金を出して貰え」というのだった。民子は母のいうなりに田島という韓国人の印刷屋と三度目の結婚をした。田島は利夫の手術代を出してくれ「おれと一緒にいつまで辛棒してくれ」と民子を労わった。民子も「この人とはどうしてもうまくやらなければ」と自分を励ましていた。完全に治癒したと思っていた利夫の病気が又再発した。「再手術は危いあと三、四ケ月の寿命だ」と宣告された民子に、田島は「一日でも永く生かしてやりたい、出来るだけ治療してやろう」という。民子ははじめて田島に深く心を打たれた。どんな人間でも生きる権利がある。残り少い日を人間らしく生かしたいと、オート三輪に乗せて盲学校にかよわせた。利夫がオルガンを欲しいと言い出した。途方に暮れる民子に春雄は一万五千円借りて来て利夫の望みをかなえた。それは幼い日、姉に我まました自分の借りを返えしたにすぎなかった。そんな春雄もバーのマダムをめぐる三角関係のもつれから刃傷事件を起し、無残な最後をとげた。まもなく追うように利夫も死んだ。虚脱した民子を田島は思わず抱きしめた。彼は泣いていた。その時民子は又新しい生命を宿していた。「わたし田島の子を産みたい、私の中には利夫も田島も入っている。何も出来ないけど一人の命を産むことは出来るわ」それは美しい母性の顔であった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1963年
製作国 日本
配給 邦画マイナー=近代映画協会
上映時間 100
チケット 前売りチケットを購入する