閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「BeRLiN」(1995)

【DVD発売中】

65点65

あらすじ

風俗に関するドキュメンタリー番組を制作している撮影クルーが、キョーコをめぐる人々への取材を続けている。そのキョーコと名乗る女性は、ホテトル嬢の事務所に一年半ほど在籍し、二か月前に突然姿を消した。彼女は“壁”のかけらが入っているという袋をお守りのように首から下げていた。偶然見かけたキョーコにもう一度会いたくてデートクラブに通いつめたサラリーマンのオガタは、いつしかクルーの取材に同行するようになる。オガタたちはキョーコに関する様々な証言を集めていった。同じ事務所のレイコに案内されキョーコのアパートを訪れた一行は、その部屋にやってきた青年の姿を見かける。その青年はレイコも知らない男だった。すでに番組を完成させながらも取材を続ける面々を、プロダクション社長の山崎は理解できない。山崎の批判をよそに、オガタはアパートを張り込んで先の青年を捕まえる。鉄夫というそのペンキ屋の男は、深夜の街でキョーコと出会い彼女の部屋で暮らし始めたという。彼もまたふらりと出ていったキョーコの帰りを待ち続ける一人だった。ある日、山崎はオガタの部屋を訪ねる。オガタは会社を休んでキョーコの居所を捜し続けていた。憑かれたようなオガタの姿に、いつしか山崎も影響を受けていた。深夜、オガタたちはテレビの街頭インタビューでキョーコらしき女性の姿が映し出されたのを発見する。慌ててその現場へ駆けつけると、彼女を捜す鉄夫の姿もあった。彼女が去った方向を求めて彼らは追いかける。しかし結局キョーコを見つけることはできず、オガタは行き詰まった壁に頭をぶつけて泣くのだった。彼らとはぐれていた鉄夫はキョーコの幻を見ながら、彼女がいつも口癖にしていた「みんな、がんばれ」という言葉を叫ぶ。その時、壁の向こう側にキョーコが帰ってきていたようにも見えた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1995年
製作国 日本
配給 ケイエスエス
上映時間 107
チケット 前売りチケットを購入する