閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「パラダイスビュー」(1985)

90点90
沖縄を撮り続ける高嶺監督が、本土復帰前の沖縄を舞台に、現実と幻想を絡めて描いた、ファンタジー要素いっぱいの不思議な雰囲気の作品。登場人物全員が琉球語を話すため、字幕スーパー入りとなっている。

あらすじ

30歳のレイシューは、かつては人気ミュージシャンであったが、今は軍作業もクビになり、祖母の家で毎日ブラブラしている。妹のビンダレーは民謡歌手から本格的シンガーを目指していた。村の手伝い娘チルーはレイシューに思いを寄せている。村には東京からイトーという植物学者が来ており、彼は混血少女ナビーに結婚を申し込んでおり、昔ながらの花嫁の貞操確認の儀式<ヤーグマイ>を行ないたいと願い、ナビーの肉親たちは彼のひたむきさに好感を抱く。ところが、ナビーが妊娠していることが分った。相手はレイシューで、フリーセックスのような青年たちの儀式“毛あそび”のときに関係したという。そんな矢先、レイシューの祖母が過って米軍に射殺されてしまい、その夜、弔問客と喧嘩したレイシューは逮捕されてしまう。しかし、護送の途中、彼はバスから逃げだし、チルーと出会った。その夜、チルーはレイシューがマブイ<魂>を落とした夢を見た。マブイを失うと、物の怪につかれたり“神かくし”に会う。レイシューは密かに“淫豚草”を栽培する洞窟に隠れた。それはハブにかがせると、たちませ精力を失ってしまう悪魔の草なのだ。結婚式にナビーはやって来なかった。イトーは雨の中を植物採集に出かけると、放心したレイシューが土を食べている。神かくしに会った者は、土を食べて呪力を解かなければならない。しかし、そのレイシューは“淫豚草”を食べて狂暴になった虹豚に腹を食われてしまう。太陽がギラギラ照りつける下で、内臓を腹から出したレイシューが苦しそうに歩いているのだった……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1985年
製作国 日本
配給 ヒートゥバーンプロダクション
チケット 前売りチケットを購入する