閉じるボタン

「赤い鳥逃げた?」(1973)

60点60
藤田敏八が日活を離れ、初めて他社で撮った作品。28歳のチンピラ・宏と、その弟分・卓郎は、謎の少女マコと出会う。マコが失踪した大富豪の娘だと知った宏は、彼女を使って一獲千金を狙うが……。1970年代前半の、目標を見失った若者の姿が、見事に描かれている。桃井がオール・ヌードを披露。

あらすじ

坂東宏は、反逆と無頼で青春を使いはたし、今では口の中で「なんとかしなくちゃ」とつぶやくだけである。彼の弟分、南部卓郎は、この年令にありがちな人生への楽観があり、いつでも「なんとかなるさ」で物事をかたずけ、そのくせ宏なくしては何ごとも手出しができない小心のチンピラである。宏がしたたか者の不動産会社々長・中根の悪だくみの芝居を手伝ったのも、宏にしてみれば欝屈した心情の発露にしかすぎなかった。しかし、下賎なゼニのため、中根を半殺しにしてしまった宏は、卓郎が気安く“俺んち”という、若い娘のマンションに身を隠すはめとなった。マコというその娘は、石黒京子というブルジョア娘の友人の代りに部屋と九官鳥をあずかっているのだという。いつも上半身裸で、それが彼女の部屋着のようだった。翌日、宏は中根の入院している病院に行き、見舞い客をよそおって中根を脅した。しかし、それはあまりにもドジだった。居合わせた刑事に恐喝現行犯で逮捕されてしまったのである。宏がいなくなると卓郎はもう何もできない。マコと二人で、宏を探しに出かけた途中、大道売りとのケンカで叩きのめされてしまった。一方、留置場の宏は、口から出まかせに、マコから聞いていた富豪・石黒病院の名をかたったおかげで、釈放された。次の選挙にうって出ようとする石黒が行方不明の娘の消息を知りたいばかりに保釈金を払ったのである。宏、卓郎、そしてマコ(実は彼女こそ石黒京子自身なのであるが)の三人はあてのない旅に出た。それから二月後。ひなびた温泉宿で、卓郎とマコはシロクロ・ショウを実演していたが、それとて未熟な二人ではゼニにもならない。「することがなくなりゃもう老人なんだ。誰も俺たちを探しちゃいない、誰も俺たちを待っちゃいない。このままじゃ俺は、28歳のポンコツさ。俺たちゃ中年をとびこして、いっぺんにジジイになっちまうんだ」。宏のことばにマコが思いつめたように云い出した石黒京子誘拐、すなわちマコ誘拐に、三人は久しぶりにゾクゾクと胸が騒いだ。横浜棧橋の外れ。連絡を受けた石黒雅彦と弁護士の長谷川の乗る車が棧橋についた。宏は身代金を受け取るべく石黒と交渉した。しかし意外にも石黒はマコを見て京子ではないと、交渉を拒否し、その場をたち去ってしまった。石黒の言葉に呆然とした宏たちもやむなく車を動かした。だが走る車のトランクの中から、元刑事中村が顔を出して騒ぎ始めた。先程、駐車場で会い、気絶させて入れておいたのである。パトカーの追跡が始まった。激しい銃撃戦。撃たれた卓郎に代って、宏が銃を棄ててハンドルを握る。パンパンと響く銃声を楽しんでいるかのような宏。目の前には碧空がとこまでも広がっていた……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1973年
製作国 日本
配給 グループ・法亡
上映時間 98
チケット 前売りチケットを購入する