閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「復讐の歌が聞える」(1968)

100点100
石原慎太郎の原作を、貞永方久と山根成之が助監督籍のまま共同監督した異色アクション。城所の悪どい手口に竹中は会社と恋人を奪われ、そのために父と兄は自殺する。竹中は城所を殺そうとして失敗。10年後出所した彼は再び復讐を開始する……。この作品でデビューした原田芳雄が熱演。

あらすじ

竹中は協立コンツェルンの城所のために会社を奪われ、その上、恋人由起子までもとられてしまった。父も兄もそのために自殺に追いやられたのだ。竹中は憤り、城所を殺そうとして失敗、いま獄中でひとり呻吟している身だった。やがて十年の刑期を終えて出所した竹中は、城所一味への復讐を深く心に秘めて、緻密な計画を練った。彼はまず、城所の部下を殺し、あたかも竹中その人の自殺死体に偽装した。それから三年。城所は事業の発展に気をよくしていたが、さらに麻薬にも手を出していた。そんな時、奇妙なことがつづけざまに起った。麻薬ルートに不審な件があり、それを調査していた部下が死んだ。スペードの2のカードが胸におかれていた。つづいて、女優の葉子が犬に咬み殺され、ある者は無線操縦の模型飛行機で、ある者は熱湯のたぎる浴室で、それぞれ不審な死を遂げたのだ。そればかりではなくありとあらゆる手段で、殺人はつづいた。いずれも十三年前、竹中産業乗っ取りを画策した人間だった。城所もようやく、ことの重大さに気づいた。伯父の加賀は、恐怖のあまり別荘に閉じこもってしまったが、鉄砲の暴発で死んだ。残ったのは城所ひとりだった。城所も由起子と子供を連れ、別荘にこもった。その時になって、ようやく竹中が姿を現わした。竹中は憎悪のすべてをたたきつけるように城所を射った。しかし、竹中のこころに残ったのは深い虚脱感だった。彼は由起子を残し、悄然とその場を去っていった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1968年
製作国 日本
配給 松竹=俳優座
チケット 前売りチケットを購入する