閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「バラ色の二人」(1967)

0点--
橋幸夫の同名曲を主題歌にした青春歌謡ドラマ。自動車会社の若き設計技師・次郎は下宿暮らしだ。下宿先の娘・弓子は次郎を慕っているが、彼の会社の宣伝部専属カメラマン・大村に見込まれて新社のイメージ・モデルに。弓子はモデル修行の末、見違える様に洗練されていき……。

あらすじ

山手次郎は将来を嘱望されている、さる自動車会社の設計技師である。彼は上司の岩本部長から目をかけられ勤務のかたわら、大学に通わせてもらって、今年卒業した。彼の下宿先は女手ひとつで煙草屋をやっているきよと、次郎を慕っている、その娘弓子、それに弟浩の一家だった。次郎はこの家の人気者であった。三人は次郎の卒業の日、お祝いの膳をしてやろうと彼の帰りを待っていた。だが御本尊の次郎は、友人の本社宣伝部カメラマン大村に誘われ、夜遅く、しかも酔いつぶれた大村を連れて帰ってきた。弓子はプンプンだった。翌朝酔いのさめた大村は、昨晩のお詫びにと、母と娘の写真を撮りまくった。カメラを構える大村はプロらしく立派であり、「我社の新車のイメージにピタリのモデル!」と弓子のスタイルのよさに目をつけた。弓子は家が豊かであったらバレリーナになりたいと夢見たこともあったのだ。それから数日が過ぎた。弓子とバレエを見に行った次郎は帰途、大村からモデルを依頼されていることを彼女から聞いたが、あまり気乗りはしなかった。大村の提案は宣伝部長の反対で駄目になった。だが諦めきれない大村はチャーム・スクールを経営している知人の桂玲子に、弓子に磨きをかけてくれるように頼んだ。玲子は一目で弓子の現代的な容姿に惹かれ、三カ月間弓子を預かることにした。三カ月が経った。玲子のファッション・ショウが華やかに開かれ、会場には大村と次郎、それにきよも姿を見せていた。そこに現われたのは厳しいモデル修業の甲斐あって、見違えるほど洗練された弓子の姿だった。勿論モデルの件も今度は見事オー・ケーだった。次郎も新車の設計に益々ハッスルしだし、若い二人の前途は、こうしてバラ色に輝やくのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1967年
製作国 日本
配給 日本ビクター=松竹=ビクター
チケット 前売りチケットを購入する