閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「風流活殺剣」(1952)

0点--
浪人者の扇谷十兵衛と菅新吾の二人は、選抜試合の結果、仕官の口にありついたが、新吾は自慢のプロペラ髭を切るように命令されたため、結局二人とも仕官をとりやめることにした。しかし、江戸の町を荒らしまわる強盗一味を壊滅させたことで、十兵衛と新吾のもとに各藩から召しかかえの使者が殺到する。

あらすじ

江戸の街々に夥しい浪人があふれていたとき、扇谷十兵衛と菅新吾の二人は、多数の応募者の中から選抜試合の結果採用されたが、新吾のプロペラ髭を剃るようにといわれたのが気に入らず、二人共士官をやめた。採用の報に大喜びだった十兵衛の妹小雪や矢場の女で彼に気があるおけい、それに貸し売金のとどこおっている米屋、酒屋、魚屋の連中まで、再びがっかりした。しかし新吾が頓死をよそおって、借金取りは撃退、香典や見舞の酒樽で大いにさわいだのはよかったが、新吾の亡父の友人が彼自慢のプロペラ髭を形見といって片方切り取って帰ってしまった。小雪の恋人庄八が母の急病の金を作るため、その頃江戸を荒らしまわっていた強盗団大草履組の誘いに乗って危地にはいり込んで行ったと知った十兵衛は、庄八のために変わり者の質屋蜂左衛門へ人質となるところだったが、すわ大変と質札のついたまま、これも質札のついた槍をかかえた新吾と共に、強盗団の本拠を襲ってこれを壊滅させた。この事が評判になって十兵衛たちのところへは各藩より召しかかえの使者が殺到したが、庄八を推薦して、小雪とめでたく結婚させてやった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1952年
製作国 日本
配給 松竹京都
チケット 前売りチケットを購入する