閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「ちゃっきり金太」(1958)

0点--

あらすじ

現代でもない、未来でもない、百年前のおはなし。封建政治はヨロメキの寸前であった。腰抜け侍どもが昼はロカビリー夜はグラマーと、国を忘れた気違い暮しを続けていた。その風潮へレジスタンスと、ちゃっきり金太は、浅草の六花美麗(ろかびりい)大会で熱狂する侍どもの巾着を抜いていた。彼につきまとうのは、岡っ引倉吉である。長年つきあっている故か情が移っている。金太の根城は上州屋という飲み屋。長兵衛は彼の支援者だ。娘のおつうに、金太はホの字である。彼女はグラマーおこんを金太のことでやいている。金太がスッた薩摩の侍の財布から、妙な書きつけが出てきた。老中の汚職のことが書いてあるメモである。グラマーおこんもこれを狙っていた。金太は薩摩の侍につけ廻され、命が危くなり、メモを長兵衛にあずけると、旅に出た。倉吉も一緒に。ある旅篭で、近藤勇と称する男が、女旅芸人おすみの連れている娘を手ごめにしようとした。金太らが助けようとした。大騒ぎになっている間、旅宿のお客たちの財布がみんななくなった。近藤勇(?)とおすみらはグルであり、一芝居打って、その間に盗んだのだ。倉吉は金太を連れて彼らを追う。次の宿でおすみらが一芝居打ったとき、金太は客の財布をぜんぶ出してやった。手品の大先生ということになった。グラマーのおこんもメモを求めてやってきた。その助けで、金太らは薩摩の追手を一度は逃れたが、さて、二人の運命やいかに、というわけである。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1958年
製作国 日本
チケット 前売りチケットを購入する