閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「次郎長意外伝 灰神楽木曾の火祭」(1958)

0点--
金貸しの銭屋太郎衛門の妾、お滝の罠にはまって銭屋殺しのぬれ衣を着せられた三太郎。汚名を晴らすためにお滝捜しの旅に出た彼は、銭屋が故郷の木曽の財宝を隠していたことを知り、現地へと向う。それを聞きつけた次郎長一家も木曽へ。だがお滝はすでに殺されてしまっていた。

あらすじ

灰神楽の三太郎は清水港の次郎長一家ではドジで間抜けで臆病で女に甘くてオッチョコチョイで有名なのである。金貸し銭屋太郎兵衛の妾お滝に呼びこまれ、いい気になって酔っぱらった。翌朝、彼がお滝と思って抱いていたのは、血まみれの太郎兵衛の死体だった。番頭の清蔵とお滝の証言で、三太郎は殺人の罪に問われ、牢に投げこまれた。彼と馴染みのまりりん亭のお紋は、次郎長の留守を預る三五郎に頼み、豚松を罪人に仕立て、みごと三太郎を脱獄させた。三太郎は虚無僧を装い、お滝を追って木曽へ向った。次郎長は帰宅し、十日以内に真犯人をあげれば三太郎を許し、もし出来ねば三五郎も同罪という奉行の申し出を認めた。お紋も三太郎の後を追う。三太郎は清水を発った同心左門に追われていた。彼が清蔵を見つけ、泥をはかせようとしたとき、銃声が響き、何者かが清蔵を殺した。三太郎は左門に再び追われ、女芸人お駒一座に逃げこんだ。お駒は彼を歓待し、スキを見て刺そうとした。男装のお紋が現れ、危く三太郎を救う。お駒は実は銭屋の娘。人相書で三太郎を親の仇と思い込んだのだ。お滝の家の女中だったお菊がこの先の村に帰っているという。二人は出発した。お駒は三太郎の無実を信じ、優しく見送った。土地の親分猿屋の勘助の家でお菊は責められていた。情婦になれと。二人はお菊を救い出し、帰途を襲われたが、お駒に助けられる。が、お菊は殺人の前に女中をやめてい、何も知らなかった。しかし、お滝と忍び逢っていた黒覆面の侍が怪しいと言った。お駒は父の故郷木曽に、父の財宝が隠してあるはずといった。二人はお滝のいる木曽の宿を目指す。次郎長も乾分を連れ木曽へ向う。御嶽神社の火祭りを明日に控えた木曽の福島では、次郎長の宿敵・黒駒の勝蔵一家が左門の頼みで待ち構えていた。三太郎は乞食を装ってもぐりこむ。宿のお滝のところを訪ねるが、彼女は何者かに殺されていた。お紋は左門のあとをつけ、彼が墓地で財宝を掘っているのを目撃する。左門こそ例の黒覆面の侍であり、太郎兵衛・清蔵・お滝の下手人だった。三太郎はついに左門を捕えたばかりか、次郎長一家と勝蔵一家のケンカも止めさせたのである。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1958年
製作国 日本
上映時間 99
チケット 前売りチケットを購入する