閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「濡れた赫い糸」(2005)

【DVD発売中】

45点45
情欲と嫉妬が渦巻く色町を舞台に、愛するがゆえに傷つけあう男女を描いた官能ラブ・ストーリー。大阪に実在する売春街の住人たちをモデルにした激しくも情の深いエピソードを、『皆月』の望月六郎監督が映画化。北村一輝と奥田瑛ニという新旧を代表するやさぐれセクシー系の競演も見もの。

あらすじ

とあるクラブで、茂(北村一輝)は一美(高岡早紀)と出会った。茂は一美に運命を感じ必死に迫るが、一美は色町“忍山”で生きる女だった。そこはカラダを糧に生きる女たちと、女たちを愛し守る男たちが生きる、時代から取り残された色町だった。町を出て二人で新たな生活を始めようと茂は望むが、一美は行方をくらます。一美が出所したヤクザの夫の元へと去ったことを知り、力づくで取り戻そうとする茂。しかし、一美は茂については来なかった…。一年後。大阪でホストをしている茂の前に、恵利(吉井怜)が現れる。茂に惚れた恵利は、その無茶苦茶な性格でどこまでも茂を追いかけ回し、茂は上客を失ってしまう。生活を壊された茂は結局恵利を連れ、“忍山”に逃げ込むことになった。三人の女の面倒をみながら生きる中沢(奥田瑛二)をはじめとする個性的な面々と、大阪とは一転して穏やかな日々を過ごす二人。だが、茂が他の女の面倒をみていることが我慢できない恵利は、激しい嫉妬ゆえの行動をとってしまう。そのことを茂に咎められると、恵利は未練を残しながらも去っていった。そんな茂の前に、夫が再び刑務所に入った一美が現われる。かつての想いがくすぶり続けていた茂は、二人での生活を始める。しかし、一美の夫をネタにした脅迫が、“忍山”を脅かす。実は裏で糸を引いているのは、茂を想い続ける恵利だった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2005年
製作国 日本
配給 ジャパンホームビデオ
上映時間 103
公開日 2005年8月6日(土)公開
映倫 R15+
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する

監督

キャスト

もっと見る