閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「×××HOLiC 真夏ノ夜ノ夢」(2005)

66点66
劇場版『クレヨンしんちゃん』シリーズの水島努監督が、女性ファンの熱烈な支持を誇るコミック『XXX HOLiC』を映画化。わずか一晩に起こった奇怪な出来事の数々を、古い洋館を舞台にミステリアスに描く。原作同様に物語が次元を超えてリンクしている、『ツバサ…』の劇場版も同時公開。

あらすじ

“どんな願いも叶えてくれる店”の主人・壱原侑子に、普通の人には視えない“アヤカシ”が視えてしまう体質を改善して貰う対価として、彼女の店でアルバイトさせられている高校生・四月一日。彼は夏休みのある日、侑子と不思議な生き物・モコナ、そしてアヤカシを寄せつけない“力”を持つ、いけ好かないクラスメイトの百目鬼と共に、ひとりの少女の願いを叶える為、とある古屋敷へと赴いた。少女の願いとは、長い間、留守にしているうち、鍵があっても入れなくなってしまった我が家に帰ること。しかし、偶然にもその屋敷は、侑子に届いた招待状に記載されたオークション会場でもあった。不吉な予感に苛まれる四月一日。果たして彼のそれは的中し、オークションに集められた様々なコレクターたちがひとり、またひとりと姿を消していく。やがて、侑子と四月一日たちらは、それがこの屋敷に憑依した精霊の仕業であることを突き止める。彼は、家の事情から幼い頃に引っ越して行った少女から、いつか自分が戻って来るまで屋敷を守って欲しいとの約束を頑なに遵守するうち、モノに執着=ホリックするコレクターをコレクションするようになっていたのだ。そんな彼が今回最も欲していたのは、意図せずとも人の“ココロ”を集めてしまう侑子。だが、“次元の魔女”の異名を持つ彼女の力で、彼のホリックは解放され、少女も屋敷へ戻ることが叶うのだった。こうして依頼を解決した侑子のもとに、また新たな依頼が届く。それは、“鳥の国”からのものだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2005年
製作国 日本
配給 松竹=「劇場版 xxxHOLiC 真夏ノ夜ノ夢」製作委員会=プロダクション I.G
上映時間 60
公開日 2005年8月20日(土)公開
カテゴリ サスペンス/ミステリー
チケット 前売りチケットを購入する

監督

キャスト

もっと見る