閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「ある探偵の憂鬱」(1998)

0点--
北野武、長崎俊一監督らのもとで助監督の経験を持つ、矢城潤一が初監督した幻想ミステリー作。何も起こらない日常が逆に事件を引き起こす、人間の深層心理世界を緻密に描く。

あらすじ

老紳士から、あるマンションの一室を見張って欲しいとの依頼を受けた探偵は、早速向かいのアパートから監視を開始する。目的の部屋には、初老の婦人がひとりで暮らしていた。しかし、一週間経っても一ヶ月が過ぎても何か起こるような気配さえ見えない。そんな時、老婦人の部屋に若い女性が現れた。いつしかその女性に心惹かれる探偵。彼女の姿を追い求め、執拗にカメラで狙うようになった彼は、しかし彼の存在に気づいた老婦人によって部屋のカーテンを閉じられてしまう。そんな彼に依頼主から手紙が届く。そこには、「女を殺してくれ」と綴られていた。依頼通り老婦人のマンションに潜入する探偵だが、彼はそこで若い女性と肌を重ねてしまうのであった。ところが、全ては元舞台女優の老婦人が仕組んだ罠だったのである。声帯の病気で声を失っていた彼女は、死ぬ前にもう一度舞台に立ちたいという思いから、たったひとりの観客である探偵に一芝居打ったのだ。老紳士も、若い女性も全て彼女の変装だった。混乱する探偵は、いつしか老婦人の首に手をかけ彼女を絞め殺してしまう……。数ヶ月後、路地裏に浮浪者のようにボロボロになった探偵の姿があった。彼は、この世に存在する筈のない女の姿を求め、幻想の中を彷徨っていた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1998年
製作国 日本
配給 Film Gecko=映画「ある探偵の憂鬱」製作委員会
上映時間 71
公開日 2000年4月29日(土)公開
カテゴリ サスペンス/ミステリー
チケット 前売りチケットを購入する