閉じるボタン

「風雲千両船」(1952)

0点--
東宝創立20周年記念映画。稲垣浩とのコンビが多い大谷友右衛門が、幕末の砲撃手という、異色の役柄を演じる。かつて幕府の砲手として一目置かれた黛三五郎は、持ち前の豪胆さが災いして、落ちぶれて長崎で花火師になる。ある日、ケンカで傷を受けた黛は、ギヤマン亭のマダム・鈴江に助けられた。薩長も幕府も、鈴江の手の内にある外国船を狙っていて、黛はその争奪戦に巻き込まれる。

あらすじ

慶應三年、江戸深川越中島で将軍上覧のホイッスル砲の実弾射撃が行われた日、三番組の砲手黛三五郎は不敵にも酒気をおびて操作し、組頭庄田杉之助の取なしで事なきを得た。しかし生まれつき大砲好きの黛は砲術で身を立てようとしていたが持前の豪胆がわざわいして遂に長崎へおちて、花火屋におちぶれた。ある日港のごろん棒との渡り合いで一人を軌りすてたが、彼も傷を受けてギヤマン亭のマダム鈴江の介抱をうけた。鈴江は華僑王朱明の愛妾だったが、彼が帰国するに際して彼の持船「サン・ジョアン號」の売却を托された。この噂を聞いた幕府方は庄田杉之助をつかわし、勤王方からは高杉晋作・桂小五郎・伊藤俊輔・坂本龍馬たちが、この船を手に入れようと長崎へ殺到した。庄田は昔のよしみで黛に船のあっせんを頼み彼を砲手に仕立ててやると約束した。黛は高杉を亡き者にしたらと思い込んでその宿所を襲うが、かえって高杉に勤王を説かれる。鈴江と黛とは相愛の仲となっていたので、遂に船を高杉たちへ売り渡した。「サン・ジョアン號」獲得の祝宴がギヤマン亭で行われた夜、幕府の刺客たちがこの料亭を十重二十重にとりかこんでいた。折から花火をあげるために外にいた黛は、花火によって急を彼等に知らせ、高杉たちは活路をひらいて脱出すると共に、高杉のため娘の盲目を蘭医によって治してもらった海賊船の頭玄五衞門だけが一人残って刺客をふせぎ彼等の剣に倒れた。「サン・ジョアン號」のマストに長州旗がひるがえるのを、新しい生活の門出の鈴江と黛はそろってうれしく眺めた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1952年
製作国 日本
配給 東宝=東宝映画
チケット 前売りチケットを購入する