閉じるボタン
【重要】「ぴあ映画生活」サービス終了のお知らせ

「旅姿鼠小僧」(1958)

0点--
自分を盗みの世界に誘ったくせに、どたん場で金を持ち逃げした憎い男・直治郎を追って、旅姿を装った義賊・鼠小僧次郎吉が義賊の剣を振るう娯楽時代劇。瓦の上で大立ち回りなど息をもつかせぬ演出が秀逸。鶴田浩二・伊藤久哉が見事なコンビネーションを披露。

あらすじ

東海道品川を越えたあたり−−次郎吉は博徒に追われる吉助を救った。吉助は義賊鼠小僧をまねて、悪親分とみるとイカサマの奥の手を出し、命を落すところだった。その鼠小僧とも知らず「乾分にしてくれ」と吉助がつきまとうのを、ようやくまいた次郎吉は神奈川の港に着いた。居酒屋で見たお米に惹かれたが、亭主ある身の彼女に袖にされるとヤケになって、料理屋に上ってドンチャン騒ぎとあい成った。料理屋の主人亀蔵は、「直次郎が帰ったら、首はただで済まねえぜ」という次郎吉の言葉を耳にして驚いた。この店の板前だった亀蔵は、主人の直次郎をイカサマ博奕で身代をつぶさせ、さらに彼の旧悪をばらして牢へ送ったひどい奴である。次郎吉にとって直次郎は、自分を盗みの世界に誘ったくせに、どたん場で金を持ち逃げした憎い男だった。そして、直次郎はお米の待っている亭主でもあった。次郎吉は直次郎を斬ってくれという亀蔵の頼みを引き受けた。が、帰って来た直次郎は、意外にだらしなかった。亀蔵に頭を下げて働き口を頼む始末なのだ。が、直次郎はお米にこういうのだ。「何年かかっても、亀蔵を斬る」と。お布令で次郎吉の正体を知った亀蔵は、次郎吉に直次郎を殺させた上、御用にしようと考えた。次郎吉は、直次郎を亀蔵の乾分の見ている前で斬って海へ蹴落した。約束の五十両を亀蔵から受取った次郎吉が、町はずれまで来ると案の定、亀蔵さしがねの捕方が囲りをとりまいた。乱闘の後、次郎吉はお米をくどく亀蔵の部屋に踏みこんだ。次郎吉のはからいで峰打ちで海へ落ちると、すぐ吉助に救い出された直次郎も駈込んで来た。またもや乱闘、直次郎の手斧は亀蔵の顔面に突き刺さった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1958年
製作国 日本
配給 東宝
チケット 前売りチケットを購入する