閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「山と川のある町」(1957)

0点--

あらすじ

東北のある町。早川商会では主人の佐太郎と高校生の娘のぶ子が、病弱な母豊子のために女中として佐太郎の妾お直を入れるか入れないかで喧嘩の真最中。父に殴られたのぶ子は、ふらふらと学校へ行き宿直の八木敬助に家出してきたと云って驚かせる。敬助の同僚菅原の家では、おたま婆さんの嫁いじめに弱り抜いていた。妻のみね子は家を出ると騒いだが駈けつけた敬助の機転で思い留まる。代りに、おたまが早川家へ女中に住込んだが、おたまは敬助とみね子が怪しいと言出す。ある日、みね子は下宿先に敬助を訪ね、母ばかりか菅原までがのぶ子の家庭教師として早川家に厄介になり心苦しいと色々相談を持ちかけた。数日後のぶ子の級、三年A組では、菅原がのぶ子に試験問題を洩らしたと大騒ぎ。学生大会を開くと息まく吉沢や上村をなだめるのは、早川家にアルバイトする甲吉である。甲吉は菅原を信じていたが、改めて答案の件を尋ねた。菅原は感受性の強いのぶ子の誤解であること、また懸案の東京転任が実現したと語った。豊子に付添って温泉に行っていた、おたまは菅原と東京へ行くため町へ戻った。代りにお直が豊子の病気を心配し看護に駈けつけた。ところが、のぶ子は再び父と争う。やがて菅原の送別会が佐太郎の肝いりで開かれた。その帰り道、敬助はのぶ子と静かに接吻した。翌朝、早川家は豊子危篤の報に驚いた。佐太郎がのぶ子、敬助を伴って温泉へ着いた時、豊子は既に死んでいた。のぶ子の成長を希った母の遺言に、のぶ子は大声で泣いた。彼女は東京へ行く決心をした。そして寂しそうな父に「東京へ行ったら、お直さんを呼んでもいい」と明るく言うのであった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1957年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 107
チケット 前売りチケットを購入する