閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「乾いた湖」(1960)

50点50
篠田正浩が無名時代の寺山修司と武満徹を起用した監督第2作。安保闘争の時代、学生運動の闘士・下条卓也は、大衆運動を軽蔑し英雄気取りでテロリストを夢み、デモのさなか“デモなんかくだらない、革命のチャンスだ!“と叫び外へ飛び出すが、刑事につかまってしまう。後年「乾いた花」「涙を、獅子のたて髪に」で身を結ぶ篠田正浩のニヒリズムの美学が明確に示され、大島渚が火つけ役となった松竹ヌーヴェル・ヴァーグの一翼をになった。三上真一郎が主人公のテロリストに扮して好演。後年篠田正浩夫人となる岩下志麻が、主人公が思慕を寄せる可憐な女子大生役で篠田作品に初出演。

あらすじ

大学自治会の中央委員下条卓也は、女子学生と肉体関係があった。卓也の友達には木原財閥の長男道彦はじめ、同級の今井、品田、それに女子学生桂葉子、枝村美代子、北村節子、篠山貴子らがいた。海岸にある道彦の別荘に集まった彼らは、若さを満喫していた。そんな時、自宅から葉子の父孝作が自殺したと知らせて来た。新聞には孝作が関係している農産公社の汚職が政界に波及し、代議士の大瀬戸に詰腹を切らされたと報じた。卓也はマダムの文枝に紹介され、バー・マドンナで大瀬戸に会った。卓也は文枝とも関係していた。卓也一流の政治理論で大瀬戸を驚かせ、美代子を世話しようといった。大瀬戸は文枝のパトロンだ。貧乏な級友水島は卓也を通して道彦に就職を頼んだ。が、道彦は冷たかった。卓也は葉子に惹かれていた。父の死後葉子は大瀬戸の世話になっていた。姉しづえは許婚者藤森から破談された。それを聞いた卓也は外国人のボクサー鄭方現に藤森を殴らせた。政党に関係していることと、不品行を理由に卓也は自治会を除名された。彼はせせら笑い、節子の体を求めた。木原邸では今日も男女が自堕落な遊びにふけっていた。道彦には興味はなかった。葉子は生活費がしづえの肉体の代償だと知り、家を出て自活する決心をした。が、仕事はみつからない。水島はアパートで首を吊って死んだ。安保反対で世情は日一日と騒然となった。卓也はダイナマイトを手に入れた。学連の永井や馬場に学連デモなんてくだらないといった。節子には子供が出来たという、卓也は彼女と別れた。革命のチャンスだ。ダイナマイトを持って部屋を出た。外には鄭方現の傷害事件がばれて、逮捕に来た刑事が待っていた。パトカーの窓ごしに、デモの大行列がいつまでも、いつまでもつづいた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1960年
製作国 日本
配給 松竹大船
チケット 前売りチケットを購入する