閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「ナスターシャ」(1994)

【DVD発売中】

0点--
ペテルブルクへ向かう列車に乗り合わせた二人の青年、幼子のように純粋な心を持つムイシュキンと、自身の荒々しい感情と欲望にほんろうされるラゴージンは、不思議な友情で結ばれる。二人はペテルブルクで、サロンの男たちの心を一身に集める美貌と才知を持った女性、ナスターシャに出会い、ともに激しく心惹かれるのだった……。玉三郎がナスターシャとムイシュキンを一人二役で演じて話題になった舞台作品の映画化。原作はドストエフスキーの『白痴』。ポーランドの巨匠A・ワイダは、数多くの登場人物と場面が複雑に交錯するドストエフスキーの世界を3人の人間模様の中に凝縮させ、しかもそれをたった二人の俳優で描き出した。

あらすじ

19世紀後半のロシア。首都・ペテルスブルグへ向かう列車の中で、ラゴージンとムイシュキン公爵は出会った。ラゴージンは亡くなった父親の莫大な財産を手にするため生家へ戻る途中、ムイシュキンは持病の癲癇の療養のため滞在していたスイスから四年ぶりに祖国へ帰る途中であった。野生的で荒々しい気質の持ち主であるラゴージンと、物静かで純粋なムイシュキン。この対照的な2人の間に不思議な友情が芽生えてゆく。ペテルスブルグへ到着した2人の前にナスターシャという不幸な過去を背負う女性が現われる。その苛酷な半生は彼女を、退廃したサロンで男たちの心を一身に集める美貌と才知を備えた女性に育て上げていた。″女王″のように振る舞う彼女の虜となったラゴージンは、彼女を金の力で買い取ろうとする。ムイシュキンは彼女の美しさに隠された苦悩を、我がことのように感じ取り求婚する。彼の純粋な愛を受け入れながらも、そのあまりにも無垢な魂を傷つけることを恐れたナスターシャは、結婚式の当日ラゴージンのもとに走ってしまう。ムイシュキンはようやくラゴージンを見つけだし彼の家へ。そこでムイシュキンはベットに横たわるナスターシャの美しい屍に出会う。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1994年
配給 エイチ・アイ・ティー=セイ・トゥ=テレビ東京
チケット 前売りチケットを購入する