閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「ツンツン節だよ全員集合!!」(1971)

0点--
自称一流の手配師・碇田長吉は、“セントラル移動食品“の依頼により自分の故郷から4人の男を集めてくる。長吉は12人分のギャラをピンハネ。4人は豚小屋同然の部屋に押し込められ屋台を引いて奴隷のようにこき使われるが、ついに反撃に転じる。

あらすじ

碇田長吉は「セントラル移動食品」社長関新作のたのみで、自分の故郷日蔭村へ人買いにいった。数日後、自称超一流の手配師長吉の口車に乗って東京にやってきたのは、ヒデオ、忠次、風太、工作という半端者ばかりである。さて、その花の都・東京は、聞くと見るとは大違い。四人は豚小屋並の部屋に押し込められ、長吉の指揮のもと、屋台を引いて夜の銀座にくりだし、おでん、ラーメンなど売らされた。これが「セントラル移動食品」の実態で、長吉は新作からすでに十二人分のギャラを貰っているので、四人は三倍働かされる。それでも会社は火の車、金融ゴロ熊井虎吉からの借金の返済もままならない。四人は、前途に希望のない奴隷のような生活は、生命さえ危ういと感じ、長吉の隙を見て逃亡してある展示ハウスにもぐり込んだが、またたく間に発見され逆さ吊りにされた。否応なく戻された四人は、一計を案じ、ヒデオに死んだふりをさせ、便所に一人でいけない程、臆病者の長吉を驚ろかせた。ショックで寝込んだ長吉の枕元に集まった新作や四人は、いつもチラつかせている長吉の貯金通帳の金の分配でもめた。その時、虎吉が新作のところに二百五十万円の借金の取り立てにきた。「セントラル移動食品」はまさに風前の灯。ブルトーザーの上で勝ち誇ったように高笑いする虎吉に、新作の妹美代や長吉の女房貞子が襲いかかり、撃退に成功した。一夜明けて、女房のもとに帰ろうとする長吉を、今度は、逆に檻に押し込めて、忠次、風太、工作、ヒデオの四人は、果てしない旅路につくのである。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1971年
製作国 日本
上映時間 88
カテゴリ コメディ
チケット 前売りチケットを購入する