閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「お嫁においで」(1966)

【DVD発売中】

70点70
弾厚作(加山のペンネーム)の同名のヒット曲をもとに松山善三が脚本を担当、怪獣映画の大御所・本多猪四郎が演出にあたる青春映画。父の経営する造船会社に働く加山雄三と、タクシーの運転手・黒沢年男の恋の獲得作戦。加山の妹役の内藤洋子が兄に加勢し、ついに加山はプロポーズするが……。ヒット曲『夜空を仰いで』も挿入される楽しい一編。

あらすじ

設計技師須山保は父の経営する造船会社で働いているカッコいい青年。目下、保には縁談があるが、彼はその気になれない。というのは、エンストした保のスポーツカーを押してくれた露木昌子が忘れられないからだ。昌子は何処に勤めているとも言わずに立ち去ったのだが、保は彼女がホテルのウェイトレスをしているのを偶然見かけ、それ以来、両親の勧める縁談には耳もかさない有様。ただ、兄思いの妹葉子はそんな保のためにプロポーズ作戦を練る。ところで昌子はタクシーの運転手野呂高生と親しい。だから、葉子の作戦通り保がホテルの裏口で昌子を待っていると、野呂が彼女を連れ去っていくという具合で、保の歩が悪い。そこで葉子は、タクシー会社へ野呂を指名して遠出させ、その間に保が昌子と会うという計画を立てたのがまんまと成功。保は昌子に愛を打ち明け、恋人に立候補した。昌子は迷った、野呂も好きだし、保の熱烈なプロポーズにも心を動かされる。一方野呂は魚屋の娘つね子から愛を打ち明けられたが、昌子を愛していると断る。そんなある日、保の両親は昌子の存在を知り、ホテルの支配人を通じて昌子をクビにしたが、それを知った保は驚いて昌子の許に飛んでいった。昌子はその保にはっきりと言った。「あなたのプロポーズは突然飛び込んで来た幸福みたいで落ち着かない。身分相応の野呂さんが自分にはふさわしいと思う」そう言われた保はきっぱりと昌子との結婚を諦め二人を祝福した。ある天気のよい一日、ヨットを走らせる保と葉子の姿が湘南の海に見られた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1966年
製作国 日本
配給 東宝
チケット 前売りチケットを購入する