閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「薔薇の標的〈1980年〉」(1980)

【DVD発売中】

0点--
4年前に麻薬取引を密告され、弟分を殺されたあげく逮捕されてしまった一匹狼の若者が、暴力団組織を相手に繰り広げる復讐戦を描いたハードボイルド映画。舘ひろしの野性的な部分とナイーブな部分をうまく使い分けた。スピードと殺気に満ちた冒頭シーンも見もの。

あらすじ

四年ぶりに刑務所から野本宏が出所してきた。四年前、宏は麻薬取引の現場を何者かに通報され、八木をはじめとするヤクザに襲われ、麻薬と現金を奪われ、弟分の明も殺されてしまった。宏は八木を見つけると、ボスの井戸垣に復讐を宣言する。ある日、井戸垣の配下たちに襲われた宏は、一足先に出所していた門田に助けられた。そして、井戸垣の麻薬を横取りしようという門田の計画に宏は乗った。宏はかつての恋人、杏子に会いに行った。杏子を抱きながら、四年前の彼女ではないことを感じる。計画は進み、なんと、横浜の麻薬取締官の中尾が仲間に加わった。職業柄、中尾は、近いうちに王兆徳という中国人と井戸垣の間でデカイ取引があるとの情報を入手。一方、杏子の情夫で組織の大ボス浜田は、井戸垣から宏の出所を知らされ、組織をあげて宏を殺そうとしていた。王と井戸垣の取引日がきた。三人はまんまと金と麻薬を手に入れるが、逃げるとき、中尾が射たれ絶命する。二人は金を分けると二手に別れた。宏は中尾の妻に金を届けるとき、敵に襲われ、何とか自分の穏れ家に逃げ帰った。杏子がきて宏を介抱した。その頃、高飛びしようとしていた門田は八木に見つかり捕まってしまう。ダチを見殺しに出来ないと、杏子の止めるのをふりきって井戸垣の事務所に向う宏。すさまじい銃撃戦で、八木、井戸垣、浜田を射殺すると、リンチで血まみれとなった門田を背負って宏が事務所から出てくるのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1980年
製作国 日本
配給 東映セントラルフィルム
チケット 前売りチケットを購入する