閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「私と私」(1962)

0点--
スタッフとキャストに連なる名前を見れば、もうこれが歌謡ミュージカル・コメディであることは一目瞭然。東伊豆バスの女車掌と伊豆のゴルフ場の売店で働く売子は双子の姉妹である。そこに目をつけた芸能プロの社長は二人を歌手にし、ザ・ピーナッツと名付けてデビューさせる。

あらすじ

歌の好きな赤城増美は東伊豆バスの女車掌で、養父の庄吉は運転手だ。食堂「ラーメン王」の息子三郎は増美と大の仲よし。ある日、慰安旅行でやってきた芸能プロの荒木社長と新進作曲家衣笠は増美の美しい歌ごえに惚れ込み、東京で本格的テストを受けるようにすすめた。その後、ゴルフ狂の衣笠は軽井沢へ出かけたが、クラブハウスの売店で働く山本まゆみが伊豆で会った増美と瓜二つなのにびっくりした。彼女は旅館「からまつ荘」の女主人よし江の養女である。まゆみの従兄でアルバイト大学生の弘二は、衣笠の話を聞いて、増美とまゆみが双児かもしれないと思った。まゆみがよし江に訊くと、それは事実だった。そして、荒木プロのスタジオでテストの日、三郎と共に上京したまゆみは増美と弘二に会って、姉妹の名乗りをあげた。しかも荒木社長の好意で、二人は築地の旅館で楽しく一夜を送ることができたばかりでなく、庄吉とよし江も上京、双児は庄吉の戦友の遺児だということまで判った。荒木社長が二人を歌手として勉強させたいというので庄吉は喜んだが、よし江は応じない。うわついた職業につかせるのは反対なのだ。増美はまゆみと一緒でなければイヤだと、伊豆へ帰った。軽井沢に戻ってからまゆみはひどいノイローゼにかかり、手を焼いたよし江は庄吉と相談したすえ、それぞれの相手と再婚するからと偽って、娘たちを荒木プロへ預けた。ザ・ピーナッツの芸名でデビューした増美とまゆみは、たちまち人気歌手にノシ上った。誕生日パーティの日、久しぶりで会った三郎の失言から、増美とまゆみは大ゲンカをはじめ、コンビで歌うのはイヤだといい出して揉めるが、衣笠や上田マネジャーの働きで庄吉とよし江の婚約が発表され、増美とまゆは仲よく新作の「幸福のしつぽ」を歌うのであった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1962年
製作国 日本
配給 東宝
チケット 前売りチケットを購入する