閉じるボタン

「無理心中 日本の夏」(1967)

【DVD発売中】

32点32
無理心中を迫る敵“国家“に向けた、奇妙な風来坊集団の殴り込みは中止された。ヤクザたちは逃げ去り、残った一匹狼の殺し屋たちは機動隊との銃撃戦に一人また一人と倒されていく。大島渚が学園紛争の末路を予兆したかのような作品。巨大な柱がそそり立つセットは秀逸だが、ドラマは尻すぼみで成功作とはいいがたい。だが妙に面白い。

あらすじ

男を求めないではいられない十八歳のネジ子は、ある町でオトコを拾い、海岸に誘ったが、彼はしきりに死にたがり、ネジ子の裸に無関心だった。そこへ数人のやくざが現われ、砂の中から鉄砲や刀を掘り出した。その一部始終を見ていたネジ子とオトコは彼らに捕えられ、廃屋の一室に監禁されてしまった。この廃屋はやくざがデイリの時に使う集合場所だった。ネジ子とオトコの部屋には一人のやくざを刺し殺した鬼と名乗る男と、ライフル銃を盗みに侵入してやくざたちの兄貴分おにいきんに捕った少年がいた。二人はしきりに人殺しの衝動に駆られていた。一方、やくざの助っ人として、拳銃を持ったおもちゃ、マイクロテレビを手にしたテレビという男たちがこの家に集ってきていた。彼らは何事か起るのをじっと待っていた。逞しい男たちを見てネジ子は盛んに媚を売ったが、誰も彼女を抱こうとしなかった。そんな時、外国人のライフル魔だ逃げ回って、町は警官隊の厳重な警戒のもとにあると、テレビが報じた。オトコは恐怖に駆られ、おもちゃに殺してくれと頼んだ。しかし、おもちゃが射った相手はおにいさんだった。それを見た少年は外へとび出し、二人の警官を射って帰ってきた。そんな異常は雰囲気の中で、ネジ子は三人の男と寝た。その三人は、外国人と一緒に戦争をするんだ、と叫ぶ少年に反対して殺され、結局、ネジ子、少年、オトコ、テレビ、おもちゃの五人は外国人のたてこもっている場所に行った。しかし、警官の包囲する中で仲間割れから、テレビ、おもちゃ、少年、それに外国人が死に、ネジ子とオトコの二人だけが残った。二人は警官隊に向って猛然と射撃を浴びせ、オトコは弾丸の雨の中で初めてネジ子を抱いた。ネジ子が「心中みたいだね」と言った時、オトコは「うん、無理心中だ」と答えたが、その瞬間、二人に弾丸が当った。血の海の中で、二人は笑って死んでいった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1967年
製作国 日本
配給 松竹=創造社
チケット 前売りチケットを購入する