閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「遙か、西夏へ」(1997)

0点--

あらすじ

11世紀の中国西部。イェリーホー(ニー・ターホン)率いる西夏の小分隊は、1000里離れた漢族の居住地、福臨村へ出発した。男の子を10人徴用し、兵力を増強するためだ。村に到着し、子供を物色しながらの酒盛りで明けた朝、敵対している契丹軍が現れた。だが子供を篭に入れて逃げ出してから、一人足りないことに気付く。途中で臨月の女ヤーチエ(パー・トーマー)を見つけ、彼らは男の子をもう一人確保するために女を一行に加えた。川を渡り高原を越え、遥か西夏を目指す旅は続く。女は産気づき、見事男の子を産んだ。翌朝女が目を覚ますと、兵士たちも赤ん坊もいない。女はまだ名前もない子供を呼んで探し回る。追い付いた女に、心優しいトゥオヤン(ラー・コーチア)がそっと赤ん坊を抱かせるが、見つかって棒で叩かれ、女は靴を取り上げられる。女はそれでも足を血まみれにしながら一行の後を追う。契丹との戦闘でトゥオヤンは死に、イェリーホーも弓で背中を貫かれるが、ヤーチェに助けられる。恩義に感じたイェリーホーは女と赤ん坊を逃がしてやるが、帝国の巡邏隊に掴まり子供は取り上げられてしまう。イェリーホーは王に「10人の子供を徴用するために6人の部下を失いました。これで計算が合うんでしょうか」と疑問を投げかけるが答はなく、ただ前線への出動を命ぜられるのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1997年
上映時間 99
公開日 1997年11月 公開
チケット 前売りチケットを購入する