閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「やくざ非情史 血の盃」(1969)

0点--
昭和20年、復員帰りの緒形哲と土井は、米兵に襲われた直美を救う。その後ふたりは別れ別れに。緒形は直美の父が組長の阿佐田組に入り、メキメキと勢力を伸ばして大和会と対立。ところが、一方の土井は、大和会の土井興行の社長に収まっていた。

あらすじ

昭和二十年。復員帰りの緒形哲と土井は、米兵に襲われた直美を救ったが、二人は別れ別れになった。逃げる緒形を助けたのは、直美と、その父の阿佐田親分だった。緒形は、阿佐田組に入り、次第にその勢力を伸ばしていった。大和会会長・寺島は、その力を恐れて、参加を呼びかけたが、阿佐田は受け入れず、両者は対立した。そんな時、緒形は土井と再会した。土井は、大和会の土井興行の社長だった。そして、土井の妹・芳江は緒形に好意を持った。緒形は、大和会の阿佐田組への圧力が、自分の存在が原因と知り、独立して緒形組を作る決心をした。その設立祝いの日、突然襲った大和会の一弾が、緒形をかすめ、芳江を傷つけた。緒形は自分の血を輸血して看病した。緒形は、大和会に対抗するため、滝本親分の協力を得た。そんな折、緒形の弟分・敬司が大和会の邦塚組にリンチされ、緒形は単身殴り込み、敬司を救ったが自身は、邦塚と共に捕えられ、刑に服した。緒形の受刑中、大和組は、阿佐田を暗殺した。それを知った土井は、獄中の緒形に了解を得て、阿佐田組を預ることにした。やがて、邦塚が出所し、大和会は、黒幕の畑中の許に、皇道会として新発足した。そして、仮釈放で出た緒形へ再び圧力が加わり、敬司が殺された。怒った土井は、大和会と絶縁し、邦塚と対決し、差し違えた。孤立した緒形は単身、皇道会へ殴り込み、滝本親分の助けを得て、寺島を斬り、畑中に向かっていった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1969年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 86
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する