閉じるボタン

「博徒列伝」(1968)

【DVD発売中】

0点--
昭和初期、大木戸一家の若松組組長の若勇は、一家の跡目を弟分の川田に譲り、自ら川田の右腕となって働いていた。一方、監獄一家は若勇の縄張りを狙っている。一味の甘言に乗せられた川田は、やがて闇討ちに合う。怒り爆発の若勇は監獄一家に殴り込みをかける。任侠映画の一枚看板俳優総出演の大作。

あらすじ

昭和の初期。大木戸一家の若松組組長若勇は、三年間の懲役に服するため、大木戸一家二代目の跡目を弟分の川田に譲り、服役後も川田の右腕とたって働いていた。一方、監獄一家の組長金光は、若勇の縄張を狙い、あくどいいやがらせを度重ねた。業を煮した若勇は、監獄一家に喧嘩状を叩きつけたが、関東きっての顔役、浅草の甲田が仲裁を買ってでた。若勇は、甲田の申入れを断ったものの、川田は甲田の甘言にのり、兄弟分の盃を交わすという条件で若勇のしきる芝浦埠頭の実権を金光に譲ってしまった。それからの工事現場は、若勇の案じた通りだった。人足たちの不平不満はつのり、渡世人あがりの人足小桜は、単身金光にたち向った。小桜が、兄貴分の治療費を捻出するため、女房を売り、その身受金を稼ぐため、人足をしていると知った若勇は、賭場で稼ぎ小桜を助けるのだった。これには、三次や芸者勝弥の隠れた協力があった。その勝弥が、富士家一家の子分に因縁をつけられた。同道していた若勇は、勝弥を助けたものの、相手を傷つけ留置されてしまった。やがて、富士上親分と和解した若勇を金光たちが隅討した。子分を殺された若勇は、弔合戦を川田に相談したが、甲田との摩擦をきらう川田は聞き入れず、逆に若勇を破門する始末だった。新年。親分衆の初寄合で、甲田と川田は兄弟分の盃を交わした。だが、当初より大木戸一家の縄張を狙う甲田は、金光に命じ川田を闇討し、さらに若勇の命をも狙った。その危難を小桜に救われた若勇は、川田の許へ駆けつけた。川田は、苦しい息の下から若勇に自分の非をわび世を去っていった。富士上の助勢を得た若勇が、甲田、金光に怨念を晴したのは、それから間もなくのことだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1968年
配給 大映=東映京都
チケット 前売りチケットを購入する