閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「美しい暦」(1963)

70点70
高校3年生の矢島貞子は、良い先生と友人に囲まれ幸せな高校生活を送っていた。ところが1ヵ月前、登山で知り合った男子高校生をはじめとするグループがひょんなことから自分の高校にやってきた。女の先生が彼らを不良呼ばわりしたため、抗議にやってきたのだ。彼女は次第に彼に好意を抱き始めるが……。学園ものの青春ラブ・ストーリー。

あらすじ

矢島貞子は高校三年生で明るい質屋の娘。学校には、若くてハンサムな赴任したばかりの武井先生や、尊敬する化学の村尾先生がいて楽しい毎日である。今日も昼間、貞子たちの前で武井と村尾は授業法についてモウレツな議論を闘わした。若い二人の先生の間にほのぼのとしたものが芽生えているのをかぎつけたのも、敏感な貞子達であった。そうした貞子にも、ふと思い出す顔がある。一ケ月前登山で知りあった高校生、田村邦夫の姿である。しかしその夜、店番をする貞子の前に現れたのは、思いがけない田村の姿であった。カメラを出して授業料千三百八十円を借りたいというのだ。娘が山で世話になったことに好意をもっていた母の千絵は、やさしく、さとして貸してやるのだった。そんなある日A高の生徒五人が、校長に会いに来た。その代表は田村だった。田村の口から出る訪問の理由は、女教師朝川が田村たちの学校の生徒は不良だと公言したというのだ。辞表を提出するとオロオロする朝川に、うんざりした田村はひきあげていった。しかし田村達のデモンストレーションは功を奏し、田村の学校の演劇部と貞子たちの演劇部との合同公演が実現することになった。芝居はロミオとジュリエットだった。やがて田村のロミオと春枝のジュリエットで、合同公演は成功のうちに終った。武井、村尾の両先生をリーダーにサイクリングに出かけた、目的地に着くと村尾は武井に結婚を申しこんだ。一方木の上に登った田村にプロポーズする貞子に「ボクたちはまだ子供にすぎない」という声が返ってきた。「私は子供じゃない!」と言い返す貞子の顔に青春の甘さがただよっていた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1963年
配給 日活
上映時間 88
チケット 前売りチケットを購入する