閉じるボタン

「大河の一滴」(2001)

【DVD発売中】

49点49
同名ベストセラーを原作者、五木寛之の原案を基に新藤兼人がシナリオ化。周囲の人々の“死“をバネに、自身の恋に後悔なきようチャレンジするヒロインのポジティブな生き様を綴る。同名ベストセラーを原作者、五木寛之の原案を基に新藤兼人がシナリオ化。周囲の人々の“死“をバネに、自身の恋に後悔なきようチャレンジするヒロインのポジティブな生き様を綴る。

あらすじ

両親の反対を押し切って上京し、友人の亜美と共に輸入雑貨店を経営する29歳の雪子は、ある日、商品の買い付けで訪れたロシアで知り合ったガイドの青年・ニコライと再会を果たした。トランペット奏者の彼は、東京のオーケストラのオーディションを受ける為に来日したのだ。だが、雪子の応援の甲斐も無くニコライは落選。雪子も店の経営の失敗と、郵便局長を務める父・伸一郎が末期癌で倒れたのをきっかけに、郷里の金沢へ帰ることとなってしまう。亜美の自殺、延命手術を拒否した父、雪子の周りを死の影が通り過ぎていく。そんな金沢での生活の中、雪子は幼なじみで彼女に秘かな想いを寄せる昌治に、こちらでトランペットのオーディションがないか相談を持ちかけた。そして、金沢フィルのオーディションがあることを知った彼女は、急遽ニコライを金沢に呼び寄せ、昌治の家に彼を泊まらせることしにした。それから暫くしたある日、伸一郎は雪子とニコライを伴って温泉旅行に出かけた。その宿で、彼はニコライに先の戦争でのソ連収容所体験を語り、雪子には「信念を持って、自分の思い通りに生きなさい」と言う言葉を贈った。オーディションの日、伸一郎がニコライの合格の報せを聞くことなく逝った。しかも、ニコライもビザの申請切れを理由に本国送還となってしまう。ニコライを愛し始めていた雪子は、彼を追って昌治と共にロシア行きを決意。だが、ニコライが恋人と生活していることを目の当たりにした彼女は、彼とは会うことなく、帰国の途に付くのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2001年
製作国 日本
配給 東宝=「大河の一滴」製作委員会
上映時間 113
公開日 2001年9月1日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する