閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「出世太閤記」(1938)

0点--
本作品は嵐寛寿郎の日活入社第4回主演作品で、ここでは若き日の豊臣秀吉、つまり木下藤吉郎が、群雄割拠の戦国時代に貧農の身分からやがて織田信長の家来となり、ついには信長の有力な侍大将になるまでを演じている。
製作年 1938年
製作国 日本
配給 日活京都
チケット 前売りチケットを購入する