閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「クレオパトラ〈1970年〉」(1970)

68点68
21世紀の世界から3人の男女が、その精神を過去へ転送。紀元前30年のエジプトで、奴隷や侍女に取り憑いて、クレオパトラの時代の歴史を見極めようとする。ところがクレオパトラはとんでもない醜女で、エジプトに伝わる秘術により絶世の美女に変身。ローマから遠征してきたシーザーを、そして彼亡きあと実権を握ったアントニウスを、その恋の虜にしてしまう……。「千夜一夜物語」に続いて虫プロダクションが作り上げた劇場用大作“アニメラマ”の第2作。小島功の独特のエロチシズムを放つキャラクターをアニメに移し変え、ローマ軍とエジプト軍の激突、大海戦などを、デフォルメをいかした作画で描ききった意欲作となった。一方でモブ・シーンの群衆にまざって、ピカソなどの名画の人物が現れたり、オバQなど当時のアニメ、マンガの主人公が随所に顔を出すなど、意図的な脱線を狙った部分も多く、監督・原案の手塚治虫の持ち味が、良きにつけ悪しきにつけ発揮されている。
製作年 1970年
製作国 日本
配給 虫プロダクション
上映時間 113
チケット 前売りチケットを購入する