閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「野良猫ロック セックス・ハンター」(1970)

【DVD発売中】

67点67
米軍基地の町には、マコをリーダーとするズベ公グループ、バロン率いるイーグルス、混血児たちのグループらがたむろしていた。混血児・数馬は10年前に別れた妹を捜して、この町に立ち寄る。一方、バロンは姉を黒人兵に犯されたことから、混血児を憎んでいて、混血児狩りを実行に移す。バロンは数馬の妹を犯し、数馬を挑発する。翌日、復讐の鬼と化した数馬とバロンは、ついに対決の時を迎える。長谷部はシャープな構図やカッティングを駆使して、アメリカの半植民地的な日本の基地の町での憎悪と差別を摘出していく。二人の対決シーンではためく日の丸が空しい。

あらすじ

星条旗が降され米軍が引き揚げた基地の町立川はガランとして静かだったが、それとは逆に「日本人も大歓迎」というネオンをつけたバー街は華やかさを増していった。その華やかさの一担を負っていたのがマコを中心とした不良少女グループとバロンをリーダーとする非行少年グループ「イーグルス」、それにハーフたちの連中であった。ある夜、バー街の外れの野原で、不良少女グループの番長の座をめぐりマコとミキが対決していた。勝負はマコの圧倒的な勝利に終り、マコたちは傷ついたミキを取り残しその場を去るが、ミキを助けたのは通りすがりの男数馬だった。数馬は十年前に別れた妹のメグミを捜していたが、立川の「ママブルース」というスナックにいけばわかると人づて教えられ、そこへいく途中だった。翌日数馬は「ママブルース」をたずねるが、店内でのハーフとイーグルスの喧嘩に巻き込まれ、ハーフに加担したことからイーグルスから狙われるはめになってしまい、スナックのママからは妹に会ってもガッカリするだけだから捜さない方がよいとわれてしまう。ある日、ボーリング場で数馬はメグミとあうがメグミは堕落した姿を兄に知られたくないために妹だといわなかった。しかし確信のある数馬は自動車修理工場に務めながらメグミの変心を待つことにした。一方バロンは姉が黒人兵に犯されたことからハーフや黒人に対する怒りが爆発し彼らを町から締めだそうと計画し実行にうつす。それと同時に、目ざわりな不良少女グループを、暴力団を通じて白人に売りとばすために彼女らをパーティーに誘い出すが、密かに想をよせていたマコだけを助けようと彼女をホテルに連れ込む。ホテル内でのバロンは日頃の彼に似合わず意気消沈してしまい、そんなバロンに厭気がさしたマコはバロンを突倒しパーティーの会場に向う。そこではユカたちが、バロンの策略によって外国人たちに手篭にされようとしていた。マコは初めてバロンの仕組んだ罠に気づき火焔ビンを投げて仲間を救った。翌朝、丸焼けになった邸宅を見た暴力団員はバロンに、このおとしまえは必ずつけるようにと命令した。マコを数馬に取られたと感違いするバロンは数馬を襲うが相手にされず最後の手段として妹のメグミを犯し数馬の敵意をかきたたせた。翌日怒りに燃えた数馬はバロンに挑むが、多数の「イーグルス」が相手では勝目がなかった。カービン銃の一斉掃射の前に数馬の身体は敢えなく地に伏してしまったのである。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1970年
製作国 日本
上映時間 85
チケット 前売りチケットを購入する