閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「女賭場荒し」(1967)

【DVD発売中】

80点80

あらすじ

平凡なオフィスガールの銀子は、得意のダイス捌きで馴染みのバーのバーテンたちをカモるのが唯一の楽しみだった。たまたま個人タクシーの営業を望む父の辰吉が五十万円の金策に苦労しているのを見た銀子は、バーで知り合った鉄に誘われるまま、ある賭場でサイコロ博奕をやった。素人ばなれしたその腕で、銀子は大金を得て辰吉に見せたが、辰吉はいつになく激しく怒った。彼はもと日本一といわれたツボ振りで、やくざな稼業を嫌って堅気になった男だったのだ。辰吉は銀子の金を返しに賭場に行き、そこでイカサマを注意したことから逆に致命傷を負う破目になってしまった。辰吉は最期の際に、銀子に向ってイカサマなしの日本一のツボ振りになれと言い残して息を引取った。それから二年あまりの間、夢中でツボ振りの稽古をした銀子の腕は磨きがかかり、彼女は女だてらに賭場から賭場へ渡り歩く女賭博師になっていた。銀子が、かつて自分を初めて賭場に連れて行った鉄に再会したのはそんな時だった。鉄自身、疾風の鉄と言われるツボ振りだったのだが、彼との三番勝負で勝った銀子は、辰吉の名を継いで「昇り龍のお銀」と名乗るようになった。銀子はある日やはり女賭博師の秋子と、神崎組と田島組のシマを賭けて争うことになった。神崎は落ち目の田島の縄張りを奪おうとこの挙に出たのだが、病床にある田島に同情した銀子は、自分の腕に自信があった。田島組の運命をサイコロに賭けた銀子は、見事な腕で秋子を敗った。その帰り、神崎組の者に襲われた銀子を、秋子は身を挺して守り、重傷を負いながらも銀子が自分の妹だと打ち明けて息を引取った。その場に居合わせた鉄は秋子の仇を取ると、そのまま自首して出たが、彼は秋子とは恋仲だったのだ。以前から、その鉄に秘かに想いを寄せていた銀子は、それを知ってはじめて、勝負師として生き抜く決心をするのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1967年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 86
チケット 前売りチケットを購入する