閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「軍神山本元帥と連合艦隊」(1956)

【DVD発売中】

0点--
新東宝お得意の戦争大作。山本五十六長官と、彼が率いる連合艦隊の第二次大戦中における活躍と凋落を描いていく。“1年間は随分と暴れ回るが、その先は……“という名セリフを吐き、戦争の行く末を憂いていた山本長官の人物像を映し出している。

あらすじ

昭和六年、日本は三国軍縮条約で噸数制限を受けた。当時第一航空戦隊司令官の任にあった山本五十六海軍少将は、その代償と日夜猛訓練に励むが、部下への恩情はあく迄も細やか。やがて上海事変勃発、五・一五事件からヒトラー擡頭、日本国聨脱退と風雲急を告げる中、第二次軍縮会議のロンドン予備交渉。山本は親友の軍務局長、堀内少将の推挙で全権として出発。だが事は不調に終り久方ぶり故郷越後長岡へ戻った山本の許に、百姓娘千代が弟の四郎を海軍兵学校へと連れて来る。山本は快諾。その頃、来訪した堀内と語る中、海戦に航空力が不可欠なことを痛感した山本は、その年の暮、航空本部長となる。この頃独伊の行動は活発化、そして二・二六事件。海軍次官山本は米内海相共々難局に当り、右翼の東亜会壮士に殴り込みを掛けられたりして、夫人や長男義正、長女澄子を心配させる。が家庭では良き夫であり父親の山本。昭和十二年七月盧溝橋より日華事変拡大、ヒトラーのポーランド侵入で第二次世界大戦の幕は上る。山本は連合艦隊司令長官に就任し、米内大将も首相を拝命。山本の反対も及ばず、日独伊三国軍事同盟が調印。日米開戦を予想し、山本は草刈参謀長や岡田先任参謀らと真珠湾攻撃計画を練る。機動部隊司令八雲中将は計画実施に全力を注入、山本も海兵を卒業し士官候補生となった四郎らを激励する。当時、近衛首相と会見した山本は、日米交渉決裂にも、あく迄余地を残すようにと熱願。しかし程なく東条内閣が成立し、日本の運命を決する日は近づく。昭和十六年十一月十六日遂に作戦命令発せられ、山本は真珠湾攻撃部隊に伝達するが、交渉妥結の際は直ちに引返せと厳命。深夜の海に大機動部隊は出動、やがて東北太平洋上、八雲司令官の手に“ニイタカヤマノボレ”の電文が渡る。真珠湾攻撃は大成功。だが群集の歓呼にも山本長官は冷静である。マレー沖海戦など相次ぐ勝報に彼は早期講和実現を願うが、総ては水の泡。その頃、B29東京初空襲。敵の反撃に山本長官は、ミッドウェー沖で決戦を挑むが結果は惨めな敗北。続く悲報に山本は、陣頭指揮による航空決戦を決意し、空路ラバウルに赴く。だが東条内閣の無能ぶりに山本は暗然、四郎も敵輸送船団突入で散る。その後、ブーゲンビルの基地へ向け、僅かな護衛機を伴い出発した山本機は、目的地直前、P38の待伏せで敢なく撃墜された。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1956年
製作国 日本
配給 新東宝
チケット 前売りチケットを購入する