閉じるボタン

「盛り場仁義」(1970)

0点0
秀雄、温州、オイチョの3人組ヤクザが、昔懐かしの盛り場に帰ってきた。そこは現在新興勢力の誠心会があこぎなやり方で支配を続けており、秀雄たちは“力には力を“とばかりに、誠心会に殴り込みをかけていく。助っ人となる女賭博師を演じる梶芽衣子の妖艶な美しさがドラマに華を添える。

あらすじ

やくざグループ秀雄、温州、オイチョの三人は、秀雄がもといた銭屋組が、新興の誠心会におされて、落目だと聞いてなつかしい盛り場に帰って来た。秀雄たちは誠心会のあこぎなやり口や、銭屋組乗っ取りのたくらみを知ると「力には力だ」と賭場をひらき資金集めを始めた。やがて双方の賭場の荒し合いの末、秀雄と昔からの義兄弟で誠心会幹部の倉田は、兄弟の盃を捨てる破目となった。また秀雄は、誠心会を牛耳る大組織竜心会の大幹部鳴海の挑戦をうけた。すさまじい死闘を仲裁したのは女賭博師・笠間弥生の艶麗な姿だった。誠心会の暴力はますます激しくなり、タケシの恋人雅美は自殺し、怒った幸吉は、倉田と刺し違えて死んだ。雄三は鳴海に決闘をしかけ、その白刃をうけて息絶えた。その男意気に心打たれた鳴海は、誠心会の悪を憎み、秀雄に加勢しようと決心。いよいよ秀雄たちは、最後の殴り込みをかけた。銭屋乗っ取りを共謀していた竜心会のボス黒坂と竜田組親分も殺到した秀雄たちの白刃に倒れた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1970年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 87
チケット 前売りチケットを購入する