閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「少女娼婦 けものみち」(1980)

30点30
当時新人の吉村彩子が大胆かつ自由奔放な少女を軽快に演じ、ある意味で女性ドラマ的なタッチが際立つ“にっかつロマンポルノ“の一編。神代辰巳監督独特の湿度の高い情欲シーンの数々、そして希望を感じさせるラストまで目が離せない。母子家庭で育った16歳の少女が、ボーイフレンドと初体験を済ました後、さらに大人の男とも関係する。やがて、どちらの子か分からないまま、妊娠してしまい……。

あらすじ

サキは、屋台を引いて生計をたてている母・圭子と二人暮らしの十六歳の少女。ある冬の日の午後、サキはボーイフレンドの外男と、自転車で海辺へ行き、初体験を済ませた。セックスのあと、サキは外男を追いやった。彼女は一人になりたかったのだ。ダンプカーの運転手のアタルが遊子を乗せて国道を走っていた。その道をサキが自転車で走っている。彼女に気づいたアタルは、ドライブインで遊子を降ろすと、サキを追った。翌日、デートをした二人は、そこで関係を結ぶ。成人した男に、外男では得らたない陶酔感に浸るサキ。そんなサキを追い続けている外男は、彼女を見つけるとむしゃぶりついた。サキは子供を宿していた。アタルの子とも外男とも分らない。アタルは妊娠の事実をサキに聞くと、「産めよ」とやさしく言うのだった。一方、外男は、その知らせに動よう、堕胎費用を集め、彼女に渡すのだった。家に帰ったサキは、母が父と思われる男と電話をしながら、愛人と躰を合わせていた。自分の部屋に入ったサキは、父を想い、オナニーに耽るのだった。ある日、サキはアタルの部屋に行くと、彼は遊子と絡み合っていた。嫉妬した彼女は、アタルの足を包丁で刺してしまうが、彼はそんな彼女をやさしく迎えるのだった。一緒に暮らす二人のところに外男がやってきた。彼は一緒になってくれなければ死ぬと言うと、海に飛び込んだ。アタルは、助けようとするサキを制して海に入り、外男を救出する。三人は漁屋小屋にいた。外男の前で関係する二人。サキは子供を産む決意をするのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1980年
製作国 日本
上映時間 71
映倫 R18+
チケット 前売りチケットを購入する