閉じるボタン

「続・社長漫遊記」(1963)

90点90
太陽ペイントの堂本社長、山中部長、木村課長の3人は九州出張旅行中。社長は奥さんを呼び寄せてサービスしている。そのころライバル・東西塗料の首脳が取引拡大を狙って長崎へ向かったとの情報。負けてはならじと3人組も急行するが……。

あらすじ

山中部長、木村課長と共に九州出張旅行の途中、妻あや子を東京から呼び寄せた堂本社長は、大いに奥さん孝行をしてアメリカナイズを発揮していた。その頃、商売仇の東西塗料KKの首脳連が取引先と願うジュピター極東支社と長崎へ向ったという情報が入った。堂本社長一行も負けてはならじと長崎へ急行した。だが、木村だけはパッとしない。それは、山中部長から紹介されたタミエとの見合いを、古くさいと社長から言われ一時は断念したものの、タミエに対する慕情のためである。みかねた多胡が、仲に入ってタミエの家に乗りこんだが、多胡支社長の推薦じゃ信用おけないと断わられてしまった。長崎へついた一行は、ジュピターの一行を招待したが、東西KKに先手を打たれて彼等は現われない。仕方なく、堂本社長と木村は長崎芸者を呼んでウサをはらすが、結婚に失敗したのは社長のせいと、木村がすっかりトラになってしまったので宴会はメチャクチャとなってしまった。東京へ帰った木村に、朗報が持っていた。山中部長のとりなしで、タミエも結婚に賛成したというのだった。木村は躍り上って喜んだ。ふさいでいた堂本にも嬉しいことが持上った。ジュピターとの契約が成功したのである。しかし、これも束の間、日章丸の就航レセプションへ妻と出席した堂本社長は、東西塗料の専務に「今度国産でジュピターに負けない品質が量産されるのを知らない様子ですね。価も外国の三割安、ウソだと思ったら通産省に聞いてみなさい」と意外なことを聞かされたからだ。高い勉強になった、と堂本社長はしぶい顔である。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1963年
製作国 日本
配給 東宝
チケット 前売りチケットを購入する