閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「代官山物語」(1998)

0点--

あらすじ

代官山にオフィスを構える売れっ子カメラマン、ヤジマックスこと矢嶋潤は、ある日、人気ミュージシャン・港マリのライヴで殺人事件に出くわす。事件の第一発見者で、ヤジマックスの友人である太田が容疑者として捕まったことから、彼は事件解明に乗り出すことに。ボンソワール・レコードのかおりちゃんの情報で、犠牲者の青年・今田のアパートを家捜ししたヤジマックス。彼は、そこで一般ピープルには入手不可能なマリのプロモーションCDを3枚発見。更にその中からLSDのペーパーを見つけるのだった。そんな矢先、ヤジマックスを何者かが襲う。辛くも襲撃者を撃退したヤジマックスであったが、翌日、彼はマリのマネージャー・伏黒が自殺したことをニュースで知る。ヤジマックスの頭に厭な考えが浮かぶ。これらの事件を関連づけると、そこに浮かび上がるのはマリ。そんなヤジマックスに、マリから呼び出しがあった。指定されたホテルに赴くヤジマックス。彼は、そこで今田と伏黒を殺した犯人がマリであったことを知るが、その時、マリのピストルの銃口がヤジマックスに向けられていた…。数日後、マリを挙げたヤジマックスの姿が代官山にあった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1998年
製作国 日本
上映時間 60
公開日 1998年4月11日(土)公開
チケット 前売りチケットを購入する

監督

キャスト