閉じるボタン

「波止場の鷹」(1967)

0点--
佳作「夜霧よ今夜も有難う」に続く裕次郎とルリ子のコンビによるムード・アクション。横浜を舞台に、主人公の経営する会社を悪玉が麻薬の密輸に利用しようとするが、主人公は真っ向から立ち向かう。ムード・アクションの事実上の最終作となった。

あらすじ

横浜にある「久須見商会」の社長健一は、裸一貫から今日を築いた男で、会社も発展の一途をたどっていた。そんな「久須見商会」の信用に目をつけたのは裏で麻薬取引きに手を出している「吉田海運」の吉田で、岩崎部長刑事らの麻薬取締りが厳しくなって苦しくなっていたため、税関もフリー・パス、外国船にも自由に出入りできる健一の信用を利用しようとしたのだ。しかし、健一は吉田の合併の申し入れを堅く断った。ある日、健一はたった一人の肉親である妹の順子を学校に迎えに行った帰り、自動車事故で順子を失い、自分も重傷を負った。その事故が吉田によって仕組まれたものであると岩崎から聞いた健一は、激しい怒りを覚えると共に秘かに心に期するところがあった。やがて、退院した健一は事務所に戻った。だが、そこには彼の片腕である稲垣だけが残り、社員は退社していた。それは吉田の仕業で、吉田はその上に「久須見商会」振出しの五百万の手形を持ってきた。心ならずも、会社の財産を処分してその金を払った健一は、稲垣と二人で出直すことになった。しかし、吉田の妨害で、健一は取引きを現金で行なわなければならない破目になり、金策に駆け回った。そんな時、健一はバーのマダム斐那子を知り、彼女の父井関から金を借りることが出来た。ところが、吉田と結託している井関は結局、その金の代償に「久須見商会」の看板を手に入れたのである。健一は、井関らの言う通りになると見せかけ、彼らを倒す計画を練った。初めは、麻薬密輪の片棒をかつぐのは嫌だと健一と殴りあった稲垣も、健一計画を知ると協力してくれた。岩崎に連絡をとった二人は、麻薬の取引きの当日、麻薬を横取りすると、井関らと激しい格闘の末、密輸の一味と麻薬を、岩崎に渡したのである。しかし、順子は再び帰ってくるわけでもなく、健一の心は暗かった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1967年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 80
チケット 前売りチケットを購入する