閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「ガラスのうさぎ」(2005)

100点100
27年間、世代を超えて読み継がれ、今日までに210万部のロングセラーを記録する同名小説を映画化した、長編アニメーション。第2次世界大戦を生き抜いた少女の姿が描かれる。終戦から60年が経ち、戦争が風化しつつある昨今に、その悲惨さや平和の大切さを伝えてくれる意義深い1本だ。

あらすじ

太平洋戦争末期、東京下町に住む12歳の少女、敏子(声の出演:最上莉奈)は、敗戦色が濃く物資が欠乏した厳しい世の中で、それでも家族とともに一生懸命生きていた。しかし、昭和20年3月10日に、東京大空襲に巻き込まれる。そこで敏子は、大好きな母(竹下景子)と、大切な二人の妹たちを同時に失ってしまう。焼け跡から、空襲の猛火で形の変わってしまったガラスのうさぎを堀り出した敏子は、戦争の恐ろしさを目の当たりにする。更に疎開の途中、駅で米軍機の機銃掃射を受けて、父(原康義)までも亡くなってしまう。数日のうちに家族をすべて失い、わずか12歳でたったひとりぼっちになってしまった敏子は、絶望の果てに死を見つめて深夜の海辺をさまよう。しかし、「私が死んだら、お父さん、お母さん、妹たちのお墓参りは誰がするの。私は生きなければ…」と、孤独と悲しみの中で、懸命に心を奮い立たせる。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2005年
製作国 日本
配給 映画『ガラスのうさぎ』製作委員会=映画「ガラスのうさぎ」製作委員会
上映時間 84
公開日 2005年5月14日(土)公開
カテゴリ 社会派ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する